ビザ申請・帰化申請・相続遺言
“つばくろ国際行政書士事務所”

子どもビザ

子どもビザ

子どもと日本で一緒に生活したい・・・
子どもが日本で生まれた・・・

このような場合も在留資格の手続を取らなければなりません。
親子関係の証明、子どもを養っていく経済的証明などを説明すれば、それほど難しいことはありません。
ただし・・・子どもの年齢が高くなると許可の難易度が上がっていきます。
できる限り子どもが小さいうちに準備を進めていきましょう!


【子どもに付与される在留資格】
子どもに与えられる在留資格は、いろいろとあります。
在留資格 身分
日本人の配偶者等 日本人の実子または特別養子
永住者 永住者の子として日本国内で生まれ、
出生後30日以内に在留資格取得許可の手続をした場合
永住者の配偶者等 永住者の子として日本国内で生まれ、
出生後30日を超えて在留資格取得許可の手続をした場合
定住者「告示6号イ」 永住者の子として海外で出生した子
定住者「告示6号二」 日本人の配偶者の連れ子
永住者の配偶者の連れ子
家族滞在 就労系在留資格者の子
特定活動 就労系在留資格者の配偶者の連れ子
他にもいくつかありますが以上が主な「子どもビザ」になるかと思います。

子どもビザ①|日本人の配偶者等

在留資格「日本人の配偶者等」とは・・・
日本人の配偶者、日本人の特別養子または日本人の子として出生した者を受け入れるために設けられたものです。

【日本人の配偶者等の在留資格を認めてもうらうためには?】
次のいずれかの条件を満たす必要があります。
① 日本人の配偶者の身分を有する者

② 日本人の特別養子の身分を有する者
③ 日本人の子として出生した者の身分を有する者

①に関しては配偶者ビザの頁で詳しく解説しています。

さて・・・②と③とはどういった者なのでしょうか?

【日本人の特別養子の身分を有する者とは?】
◆日本人の特別養子となった者は、「日本人の配偶者等」の在留資格が与えられます。

【特別養子とは】
まず・・・普通養子とは違い、成人に達した外国人とは特別養子縁組を結ぶことはできません。
特別養子とは・・・様々な事情で育てられない子どもが家庭で養育を受けられるようにすることを目的に設けられた制度です。
普通の養子縁組と違い、養子と実親らとの血縁関係は断たれます。

【外国人の子を特別養子とする場合】
法の適用に関する通則法(以下「通則法」)31条1項に養子縁組は、縁組の当時における養親となるべき者の本国法によると定められています。
外国人の子を特別養子にするときは、養親となる者の本国の法律を適用します。日本人が養親となる場合は「民法817条の2~817条の9」を適用します。
また、通則法31条1項には「外国人養子の本国法が、養子を保護するための規定※を定めているときは、その要件に従わなくてはならない」ことも定めています。
※養子本人の承諾、第三者の承諾、裁判所や公的機関の許可など 

【特別養子縁組の要件」 
外国人の子と特別養子縁組をする場合には、民法の規定に従わなくてはなりません。

◆養親となる者の要件 
① 配偶者のある者であり、夫婦ともに養親になる必要があります。
② 25歳に達している者が養親になれます。ただし、養親となる夫婦の一方が25歳に達していない場合でも、その者が20歳に達していれば、養親になることができます。
◆養子となる者の要件 
6歳に達していること。ただし、その者が8歳未満であっても6歳に達する前から引き続き養親となる者に監護されている場合は養子となることができます。
◆その他の要件 
① 実父母の同意が必要です。ただし、実父母が意思表示することができない場合、実父母による虐待や悪意の遺棄など養子になる子にとって好ましくない場合があるときは、実父母の同意は不要です。
② この特別養子縁組が、養子になる子にとって本当に必要であることが求められます。
③ 養親となる者が養子となる者を6ヵ月以上の期間監護した状況

以上の要件があるとき、養親となる者の請求により、家庭裁判所は特別養子縁組を成立させることができます。

【特別養子を海外から呼び寄せる場合】
「日本人の配偶者等」の在留資格認定証明書交付申請をします。
必要書類は・・・
「在留資格認定証明書交付申請書」「養親の戸籍謄本等」「出生証明書」「特別養子縁組届出受理証明書」
「日本の家庭裁判所発行の養子縁組に係る審判所謄本および確定証明書」「養親の住民税課税証明書および納税証明書」「身元保証書」など

【日本人の子として出生した者の身分を有する者】
日本人の実子のことをいいます。
 この実子には、嫡出子はもちろん認知された非嫡出子も含まれますが、養子は含まれません。
日本人の実子とは???
 ・出生したときに父または母のいずれかの一方が日本国籍を有していた場合
 ・本人が生まれる前に父が死亡しており、その父が死亡の時に日本国籍を有していた場合
※よって、本人の出生後にその父または母が日本国籍を取得しても、「日本人の子として出生した者」にはなりません。

なお、日本人の子として生まれ、父または母に認知された20歳未満の者であれば、法務局または日本の大使館・領事館に国籍取得届を提出することによって日本国籍を取得することができます


永住者の子

永住者の子としては、まずは、日本国内で生まれた子なのか?または海外で生まれた子なのか?でどの在留資格が当てはまるのかが違ってきます。
さらに、日本国内で生まれた場合でも、出生後30日以内在留資格取得許可の手続をしたかしないかで違ってきます。
つまり、永住者の子は、以下の3つの在留資格のどれかに当てはまります。
① 在留資格「永住者」
 永住者の子として日本国内で生まれ、出生後30日以内に在留資格取得許可の手続をした場合 

② 在留資格「永住者の配偶者等」
 永住者の子として日本国内で生まれ、出生後30日を超えて在留資格取得許可の手続をした場合 

③ 在留資格「定住者」
 永住者の子として海外で出生した子 
 詳しくは→定住者ビザ Long Term Visa の頁 

お問合せフォーム


つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
行政書士 五十嵐 崇治


お問合せは・・・

TEL027-395-4107
または・・・お問合せフォーム

群馬・埼玉・栃木を中心に全国どこでも!

ZOOM対応可!! 

お気軽にお問合せください!Please feel free to enquire ! 请随意咨询!

★★★営業時間★★★
月・水・木・金・土
9:00~20:00 
火曜日のみ 
9:00~13:00
ー定休日ー
日曜日・祝日・毎月31日

当事務所は・・・配偶者ビザや就労ビザ・永住許可申請、帰化申請を専門とする国際行政書士事務所です。
群馬・埼玉・栃木を中心に全国を駆け巡り、皆様にビザをお届けします!
また・・・
「相続・遺言」「持続化給付金サポート」「農地転用」「車庫証明・自動車登録」などの業務も得意としています。
土曜日も営業しています。ゆったりとした気持ちでご相談ください。

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月・水・木・金・土

9:00〜20:00

9:00~13:00

定休日
日曜日・祝日・毎月31日


ー連絡先ー
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107



PAGE TOP