ビザ申請 永住申請 帰化申請
群馬ビザ申請サポート
つばくろ国際行政書士事務所

経営管理ビザ&会社設立

経営管理ビザ+会社設立サポート

BUSINESS MANAGEMENT VISA
日本で起業したい外国人の方へ
会社設立から経営管理ビザ申請まで



国際業務専門 
つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐 崇治


つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6

相談・見積もり・資料請求

ご希望される方は
まずは✉お問合せフォームからご連絡ください
▼お問合せ先 Contact
✉️お問合せフォーム
Please feel free to enquire!
请随时与我们联系 

-対応地域-
群馬県・埼玉県・栃木県・東京都・長野県・新潟県
※東京・長野・新潟の場合は、誠に恐縮ですが出張費がかかります。

料金表&サービス内容

<サービス内容>
申請書の作成 / 理由書の作成 / 事業計画書の作成 /
必要書類リストの作成 / 書類のチェック / 入国管理局での申請 


<料金>
変更申請の場合
※申請者が日本国内にいる場合
税込
154,000円~

認定申請の場合※申請者が海外にいる場合
税込176,000円~

【オプション料金】 
①会社設立サポート(定款作成+定款認証) 
税込44,000円 
※設立登記も希望される場合は、提携先の司法書士の先生を紹介させていただきます。
なお、会社設立には、以下の実費がかかります。
・定款認証 50,000円
・定款謄本代 2,000円 
・登録免許税 150,000円 


②在留カードの受取代行
税込11,000円+出張費 
※上記の金額の他に在留カード手数料4,000円がかかります。

経営管理ビザとは?

経営管理ビザとは、外国人の方が日本で会社を経営する業務に従事する場合に必要になる在留資格のことをいいます。
代表取締役・取締役・部長・支店長さらに個人事業主など事業の経営に従事する活動が「経営管理」の在留資格に該当します

◆事業の経営に従事する活動 
①日本において活動の基盤となる事務所等を開設し、事業の経営を開始して経営を行うこと
②日本において既に営まれている事業の経営に参画すること
③日本において事業の経営を開始した者もしくは事業の経営を行っている者に代わってその経営をおこなうこと
<具体例>
★ある外国人が日本で会社を設立し、経営に携わる場合
★「技術・人文知識・国際業務」で在留している外国人が、会社の代表として経営を引き継ぐ場合

◆事業の管理に従事する活動 
事業の管理の業務に従事する部長、工場長、支店長等の管理者としての活動が該当します 
ー具体例ー
★ある外国人が日本支社長や会社の部長など経営幹部として「管理」の仕事に従事する場合

<共同経営の場合>
共同経営をする場合、それぞれの行う業務内容が審査され「経営管理」の在留資格に該当する事業を経営又は管理する者といえるかどうかが判断されます。
複数の者が事業の経営又は管理に従事することを必要とするだけの事業の規模、業務量、売上、従業員数が存在するか等が審査されます。

経営管理ビザを取るためには!?

数ある在留資格の中でも「経営管理」は、取得が最も難しい在留資格ではないでしょうか。
特に日本で新たに起業をしてこの在留資格を取得しようと考えている方には「事業の計画性そして安定性・継続性」が厳しく求められます。
日本には「雲をつかむような話」「絵に描いた餅」という言葉があります。実現する見込みのないものや価値の低いものに該当するようなビジネスでは「経営管理」の在留資格を取得することは難しいでしょう。
しっかりと事業計画を立案し、中長期的に安定・継続して経営ができることを入国管理局に証明しなければなりません。
それでは、高難度な「経営管理ビザ」を取得するためのポイントを見ていきましょう。
【経営管理ビザを取るための条件】
1. 事業を行うための事務所が日本に存在すること 
当然といえば当然ですよね。事業に使用すると認められる事務所が日本に存在し、その事務所は居住スペースと別々になっていなくてはいけません。
<具体的には以下のようなことが求められます>

・事業と居住スペースが一緒になっていないこと 
・賃貸借契約書に「事業用」として賃貸していることが記載されていること
・社名や屋号が確認できる表札や看板が設置されていること
2. 事業規模が次の①~③のいずれかであること 
①常勤職員を2人以上雇用していること 
この2人以上の常勤職員は、日本人もしくは「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」の在留資格をもつ外国人であることが必要です。
<常勤職員とは?>
常勤職員とは、パートタイマーと対比して、次の点で判断されます。
◆労働日数が週5日以上、かつ、年間217日以上であって、かつ、週労働時間が30時間以上の者
◆入社日を起算点とし、6ヵ月間継続して勤務し、全労働日の8割以上出金した職員に対し10日以上の年次有給休暇を与えられていること 
◆雇用保険の被保険者であり、かつ、一週間の所定労働時間が30時間以上であること

②資本金の額または出資の総額が500万円以上であること 
事業規模の基準であるので、申請人自身が500万円以上を出資することを求めているものではありません。

③上記①または②に準ずる規模であると認められるものであること 
※③に関しては、例えば、常勤職員が1人しかいない場合でも、もう1人をやがて雇用させるのに要する費用をしっかりと確保できていればOKです。この場合の費用はだいたい250〜300万円程度と考えられます。 
3. 事業の安定性と継続性が求められます!
在留期間の途中で事業がダメになるなど、在留活動が途切れることが想定されるような場合は不許可になる可能性がかなり高くなるでしょう。
新たに事業を始めようとして経営管理ビザを取得するためには、事業計画書の作成が非常に重要となります。事業計画書には、事業計画に具体性と合理性が認められ、実現可能なものでなければなりません。また、1年分のみならず、中期的に2~3年分の事業計画書を作成するといいでしょう。
事業計画書には、以下のことを具体的に記載し作成します。
①会社概要 
会社名・設立年月日・資本金・代表者名・従業員数・所在地・1年後の目標年間売上高・事業内容・経営者略歴 
②事業目的 
③サービス内容 
④ターゲット  
⑤集客方法
⑥販売計画
⑦事業の進捗 
⑧スタッフ構成
⑨今後の人員計画
⑩事例紹介 ※写真や図・グラフなどでわかりやすく
4. 実際に経営管理に従事していなければならない
申請人が単に名ばかりの経営者ではなく、実質的に当該事業の経営を行う者であるかどうかが判断されます。
5. 適法に行われる業務でなければなりません
日本において適法に行われる業務であれば、居酒屋、レストラン、中古自動車屋、ブティック等にかかわらず、制限はありません。
 また、以下の点にも注意する必要があります。
※労働者を雇用して事業を行う場合には労働保険・社会保険に加入すること
※許認可を必要とする事業ならば該当する許認可を取得すること 
※原料や商品の仕入れ、販売等はいずれも適正なルートであること 

<注意点>
他の在留資格との関係に注意しましょう!
①在留資格「技術・人文知識・国際業務」との関係 
「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で在留していた外国人が、昇進により経営者や管理者となった場合、審査要領では、直ちに「経営管理」の在留資格に変更しなさいとは言っておらず、現に有する「技術・人文知識・国際業務」の在留資格の在留期限の満了に併せて「経営管理」の在留資格変更許可申請をすれば足りるとしています。
しかし、本来は、直ちに「経営管理」の在留資格に変更すべきです。
「技術・人文知識・国際業務」の在留資格のまま、報酬を得て企業の経営や管理を行うことは、本来は資格外活動に該当し、在留資格取消の対象となります。
② 在留資格「短期滞在」との関係
日本法人の経営者に就任し、かつ日本法人から報酬が支払われる場合は、例え、その経営者が会議、連絡業務、商談等で短期間来日する場合でも「経営管理」の在留資格に該当するので注意しましょう。
③ 経営管理ビザで飲食店を経営する場合の注意点 
経営管理ビザを取得すると、経営者として店を経営することが求められるため、原則として調理やホールスタッフのような仕事をすることはできません。
一時的に調理場に入ったり、一時的にお客様へできあがった料理をもっていく事はできますが、専らコックとして、ホールスタッフとして仕事をすることはできません。そのため、自分以外に調理場のスタッフやホールスタッフを雇用する必要があります。

新設:在留期間4月

会社設立前でも事業を行う準備が十分できていると認められる場合には、在留期間4ヵ月の経営管理ビザを取得することができ、この「4ヵ月」の期間で会社設立登記等の手続を行ってください。
例えば・・・
株式会社については定款の作成等が終了していること
※定款の認証までは求めていません。
事務所または店舗賃貸借契約書等が締結されていること
・・・以上のようなことが確認できれば会社設立前でも在留期間「4ヵ月」の経営管理ビザを取得することができます。

外国人の会社設立サポート

・これから日本に来日してビジネスをしたい
・今の職場から独立して起業をしたい
このような事を考えている外国人の方は、説明したように経営管理ビザを取得しなければなりません。
そして、このビザを取得する前に実際に会社を設立しなければなりません。
在留期間「4月」が新設されたことや個人事業形態をとる経営者のいることから、必ずしも会社の設立登記がされていることは「経営管理」の要件とはなっていません。
しかし、実務的には、会社設立登記完了後、登記事項証明書を添えて申請するのが一般的です。
当事務所では、
経営管理ビザ申請と併せて会社設立のサポートもおこなっています。
お気軽にお問合せください。

▼会社設立の主な流れ
STEP1 基本事項の検討
設立に関する基本事項を検討しましょう。
商号・本店所在地・事業目的・発起人(株主)・発起人の出資額・役員構成・会社の代表印・発起人の印鑑証明書を用意・同一商号の有無確認 
STEP2 発起人会の開催
設立に関する基本事項を正式に決定します。
決定事項は、後々の認識不一致によるトラブル防止のため、「発起人会議事録」を作成しましょう。
STEP3 定款の作成 
定款とは、会社の目的や組織、業務などについて会社の基本的ルールを定めたもので、いわば会社の憲法です。
会社設立サポートをご依頼の場合は、当事務所が定款を作成します。そして作成後、お客様にチェックをしていただきます。
STEP4 定款の認証 
作成した定款は、公証人の認証を受けなければその効力は生じません。
当事務所に会社設立サポートをご依頼の場合は、当事務所が公証役場で認証をおこなってきます。
STEP5 資本金の振込 
定款の認証が無事に終えましたら、各発起人は資本金をお振込みする必要があります。日本に住所を有する外国人の方ならば、個人で銀行口座を開設することも可能でしょうが、外国に住んでいる方が日本で口座を開設することは困難です。
この場合、口座を開設できる日本人や在留外国人を共同発起人として、その者の口座に資本金を払い込み、会社設立後にその者から株式を全て買い取る等の方法をとります。
※申請人本人が実質的に当該事業について経営権をもっていると判断される必要があるので、出資比率は、申請人本人が過半数以上になるようにしなくてはなりません。 
当事務所に会社設立サポートをご依頼の場合は、当事務所で「払込みがあったことを証する書面」を作成します。
STEP6 法務局で設立登記
法務局で会社を正式に登録する手続をおこないます。この手続を設立登記といいます。
なお、登記申請は、司法書士の業際となっています。よって当事務所では直接登記申請をすることができません。
そのためこの部分に関しては、当事務所と提携している司法書士の先生に依頼し、法務局での会社設立登記と会社代表印の登録をおこなってもらいます。
これが申請受理されれば、正式に新会社の誕生です。
なお、会社の設立登記申請は法務局へ15万円の実費がかかります。
STEP7 税務署へ各種届出
「法人設立届」や「青色申告の承認申請書」などを税務署へ届出をします。
STEP8 許認可の取得
不動産業・古物商許可・飲食店業許可・旅行業・産廃処理業・建設業などの許認可が必要なビジネスをおこなう場合には、許認可の取得が必要です。
当事務所では、以下の許認可業務もおこなっていますのでお気軽にご相談ください。
▶古物商許可 
▶飲食店業許可
▶菓子製造業許可
STEP9 経営管理ビザ申請 
入国管理局で経営管理ビザ申請をします。

お問合せフォーム

つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
高崎インターチェンジから車で5分
ー取扱業務ー
■国際業務部門
在留資格認定証明書交付申請 / 在留資格変更許可申請 / 在留期間更新許可申請
永住許可申請 / 帰化許可申請 / 在留特別許可申請
■その他業務
一般社団法人設立サポート / 株式会社設立サポート
農地転用 / 古物業許可申請  /

配偶者ビザ・永住申請・帰化申請を専門とする国際行政書士
就労ビザ(技人国・特定技能)も勿論サポート
群馬・栃木・埼玉を中心に全国対応
選べる料金プラン&スピード申請

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月曜日〜日曜日

10:00〜19:00
ーお問合せ先ー
つばくろ国際行政書士事務所
<無料相談受付中>

✉️お問合せフォーム
TEL 027-395-4107

10月の休業日
8日(土)日
13日(木)/14日(金)
24日(月)/25
日(火)
31日(月)




PAGE TOP