ビザ申請 永住申請 帰化申請
群馬ビザ申請サポート
つばくろ国際行政書士事務所

国際結婚&配偶者ビザ Spouse Visa

国際結婚&配偶者ビザ

配偶者ビザ申請 許可率100%
妥協しない配偶者ビザ申請代行 


国際結婚&配偶者ビザ
こんな事でお困りではないですか?
一日でも早く配偶者ビザの結果がほしい
国際結婚をしたが年齢差があるので心配

私(日本人)の年収が低いので心配
質問書や理由書が上手く書けない
技能実習から配偶者ビザへ変更したい
自分で申請したが不許可になってしまった
地元に配偶者ビザに詳しい行政書士がいない

私にお任せください 

愛する方と1日でも早く
日本で一緒に暮らせるよう

配偶者ビザ申請を完全サポート

行政書士 五十嵐崇治
当事務所は、群馬・栃木・埼玉・茨城など北関東を中心に、配偶者ビザ申請全国サポートしている行政書士事務所です。

▼当事務所の特長
★妥協を許さないビザ申請
用意周到な事前確認 / 緻密な打ち合わせ / 具体性を意識した書類の作成 / 妥協しない立証資料収集
★圧倒的な機動力とフットワーク
保険営業マン時代に培ってきた営業レスポンスの速さに自信あり 
★ニーズに合わせる選べるサポートプラン
スタンダードプラン/ ライトプラン / フルサポートプラン / ティーチングプラン
★セカンドオピニオンシステム
頼れる国際行政書士同士のネットワーク/ お互いの成功事例・失敗事例を共有しています / また、私だけの見解では難しい案件も、このシステムを使用することによって、他の見解を聞くことができるので、難しかった案件も許可となった事例がいくつもあります。当事務所の最大の強みがこのシステムです。
★充実の専門家とのネットワーク
在留資格以外の法律相談や生活相談などにも対応

<全国対応>
配偶者ビザ申請代行サポート
配偶者ビザ許可率100%
つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
当事務所へのアクセス(地図) 

▼配偶者ビザ申請のご相談・ご依頼は
✉️お問合せフォーム
お問合せフォームでは24時間ご相談を受付けております。

▼お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL 027-395-4107
お気軽にお問い合わせください
Please feel free to enquire

请随时与我们联系

▼オンライン相談可能です
 だから全国対応

対応オンライン:Skype, Google Meet

実績

配偶者ビザ申請 許可率100%

<実績>
難民申請中からの配偶者ビザ申請
自分たちで申請して不許可、
他の行政書士で2回の不許可、
4度目の正直を願い
当事務所に業務をご依頼

一発で無事許可となりました
申請人 カンボジア国籍


<実績>
技能実習からの変更許可申請
申請から3週間で許可
申請人 中国国籍



<実績>
短期ビザからの変更許可申請
申請から2週間で許可
申請人 カナダ国籍



<実績>
在留資格認定証明書交付申請
申請から4週間で許可
申請人 パキスタン国籍


以下、パキスタン人男性の日本人配偶者の方からのお手紙です。


<実績>
粘り強くあきらめない姿勢で配偶者ビザを取得

在留資格認定証明書交付申請
申請から2ヵ月で許可
申請人 メキシコ人国籍
申請人の配偶者様より

上で紹介した案件以外でも多数の許可実績あり
中国、香港、韓国、フィリピン、ベトナム、インドネシア、カンボジア、スリランカ、パキスタン、メキシコ、カナダ、ルーマニア等、多数の国際結婚ビザ申請をおこなっています。

同じ感動をあなたにも届けたい

まずはお気軽にお問合せください
<全国対応>
国際結婚&配偶者ビザ申請専門
つばくろ国際行政書士事務所

〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
▼CONTACT お問合せはこちらから

✉️お問合せフォーム
TEL 027-395-4107

当事務所のサービス内容

お客様のニーズに合わせる
選べる4つのサポートプラン 

当事務所は、お客様のニーズに応えるため4つのサポートプランを用意しています。
・スタンダードプラン
・ライトプラン
・フルサポートプラン

・ティーチングプラン 

【スタンダードプラン】
書類の作成から入国管理局での申請まで
人気No,1の王道のプランです
▼サービス内容
①申請書の作成
②質問書及び申請理由書等の作成
③必要書類リストの作成
④書類のチェック
⑤入国管理局での申請
⑥在留カードの受取代行※変更・更新のみ 

【ライトプラン】
少しでも料金を抑えたい方へ
書類の作成だけお願いしたい方へ
遠方の方におすすめのプランです
▼サービス内容
①申請書の作成
②質問書及び申請理由書等の作成
③必要書類リストの作成
④書類のチェック
※入国管理局での申請は、お客様ご自身で行います
▼ライトプランは以下の方のみご利用できます。
・当事務所にお越しいただける方
・オンライン相談が可能な方 

【フルサポートプラン】
必要書類の収集も当事務所が行います
すべてお任せのフルサポート

▼サービス内容
①申請書の作成
②質問書及び申請理由書等の作成
③必要書類リストの作成
④書類のチェック
⑤入国管理局での申請
⑥必要書類の収集

※本人でしか取れない書類については、お客様で収集くださるようお願いします。
⑦在留カードの受取代行※変更・更新のみ

【ティーチングプラン】
自分一人で申請するが少し不安・・・
申請書や理由書のチェックや訂正、必要書類や不安な点についてアドバイスします。有料相談みたいなものとお考えください。
特典:サンプル付き

▼ティーチングプランは以下の方のみご利用できます
・当事務所にお越しいただける方
・オンライン相談が可能な方

料金案内

わかりやすい地域別料金設定
追加料金の請求はいっさいなし

配偶者ビザ申請 料金表 

当事務所では、お客様が安心して就労ビザ申請をご依頼いただけるよう料金を以下のように明確に公表しています。また「交通費や日当がいくらかかりました」「必要書類の実費がこれだけかかりました」等というように後からの追加料金の請求はいっさいありません。あらかじめ地域別に料金設定をおこない、既に交通費や日当が含まれています。よって本当に特別な事がない限りは公表している以上の料金を請求することはございませんのでご安心ください。

【スタンダードプラン料金】
▼料金(群馬・埼玉・栃木・長野※・新潟※)
110,000円(税込) 
※オンライン相談でビデオ通話ができる方のみ

▼料金(東京・茨城・千葉・神奈川) 
121,000円(税込) 
▼料金(静岡・山梨・福島・富山・石川)
137,500円(税込) 
※上記の金額には、認定申請の際に必要となる404円切手および在留カードの受取の際に必要となる収入印紙4,000円分は含まれていません。

【ライトプラン料金】
▼全国一律価格
77,000円(税込)

【フルサポートプラン料金】
▼料金(群馬・埼玉・栃木)
121,000円(税込) 
▼料金(東京・茨城・千葉・神奈川) 
132,000円(税込) 
※上記の金額には、認定申請の際に必要となる404円切手および在留カードの受取の際に必要となる収入印紙4,000円分は含まれていません。

【ティーチングプラン料金】
▼全国一律価格
44,000円
(税込) 

■追加料金について
以下の場合は、追加料金が発生します。

▼追加料金①
22,000円
(税込) 
・自己申請又は他社申請で不許可からの再申請
・短期滞在ビザからの申請
・技能実習からの変更
・夫婦間の年齢差が20歳以上
・離婚歴が2回以上ある方
・日本人配偶者が海外にいる場合
・交際期間が短い場合
・犯罪歴がある方
・在留期間満了日まで4週間以内の申請 

▼追加料金③ 110,000円(税込) 
・オーバーステイ歴のある方 
・難民申請中からの変更申請 


<お支払い方法>
【着手金】と【成功報酬】の2回に分けて料金をご請求させていただきます。
なお、申請の結果を問わず、着手金の返金はできませんことをご了承ください。
着手金 55,000円(税込) 

手続きの流れ

STEP1 相談予約
まずは、当事務所へお問合せ下さい!

つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
TEL 027-395-4107
✉️お問合せフォーム
お問合せフォームでは24時間ご相談を受付けております。

STEP2 初回相談
状況をお聞きし、「ビザが許可されるか」診断させていただきます。
また、その他お悩みやご不明点があれば、お気軽にご相談ください。
相談方法は以下のとおりです。
・当事務所
※駐車場あります。高崎インターチェンジから車で5分です。
・オンライン相談(Skype又はGoogleMeet等)
※こちらをご希望される場合は、コードをメールでURLコードを送りますので、お手数ですが✉️お問合せフォームからご連絡ください。 
・出張相談
※お客様がご指定する場所にお伺いしますが、日当がかかります。なお、当事務所に業務をご依頼いただいた場合は、日当を返金させていただきます。

STEP3 契約
当事務所に業務を依頼する場合は、お手数ですが【契約書】を取り交わしていただきます。当事務所の契約内容に同意いただき、署名をお願いします。


STEP4 着手金の入金

着手金を指定口座へご入金ください。

STEP5 書類の作成
①必要書類リストの作成と送付

必要書類一覧表をお客様宛に郵送またはメールします。なお、追加書類等が発生する場合もございます。その際は、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
②申請書や理由書等の作成
お客様から必要書類が届きましたら申請書や理由書の作成をおこないます。
完成後、お客様に申請書と理由書をご確認いただき、署名をいただきます。

STEP6 書類の確認 
作成した書類をお客様にご確認いただき、よろしければサインをしていただきます。
なお、電話相談やオンライン相談の方は、本人確認のため、ここで必ず直接お会いいただきますことをご了承ください。 

STEP7 入国管理局で申請

署名いただいた書類等が届きましたら、遅くとも5営業日以内を目安にして入国管理局に申請してきます。

STEP8 申請結果の通知 
※【成功報酬】を指定口座へ入金してください。
※入金確認後、認定通知書または通知書をお客様宛に送付します。

必要書類


<在留資格認定証明書交付申請>

①在留資格認定証明書交付申請書
②写真 ※縦4cm×横3cm 
③返信用封筒 + 404円切手
④日本人配偶者の戸籍謄本 
※婚姻事実の記載があるもの
⑤婚姻証明書 
※和訳付き
※提出できない場合はその理由書 
⑥日本人配偶者の住民票 
※世帯全員の記載のあるもの 
⑦日本人配偶者の住民税の課税証明書または非課税証明書 
⑧日本人配偶者の納税証明書
※入国後間もない場合や転居等により⑦や⑧を用意できない場合は以下の書類等を用意します。
・雇用契約書や採用内定通知書など
・給与明細書 ※最低でも2ヵ月分 
・預貯金通帳の写し
⑨身元保証書
・基本的には、日本人配偶者が身元保証人になります。しかし、やむを得ない理由により、日本人配偶者以外の方が身元保証人になる場合は、その理由書を必ず提出します。
⑩質問書
⑪申請理由書 ※A4用紙2~4枚
⑫スナップ写真
※上記の書類は最低限必要なものです。
この他にも質問書や理由書の内容を証明するための資料を添付する書類があります。そのため、当事務所では、お客様の実情にあわせた【必要書類リスト】を作成し、そのリストに則って書類を集めていきます。
その結果、入国管理局から追加資料提出を求められる確率が減り、さらにその結果、書類提出から結果通知までの審査期間が短くなります。

よくある質問 ズバッと解決

<質問1>
配偶者ビザの条件
Q:先月、フィリピン人女性と結婚しました。そのため妻の配偶者ビザを取得したいのですが、その許可条件を教えてください。

A.ズバッと解決!
配偶者ビザを取るためには「結婚の信ぴょう性」「生計要件(結婚生活の安定性と継続性)」が求められます。
詳しくはこちらをご覧ください。
▼ズバッと解決!
配偶者ビザの取得条件


<質問2>

日本人配偶者の年収が低い場合 
Q. 私は、30歳の日本人男性ですが、26歳のベトナム人女性と国際結婚しました。今後、日本で夫婦生活を送るため妻の配偶者ビザ申請をしたいのですが、日本人配偶者の年収が低いと許可されないという話を聞きました。実際のところどうなのでしょうか?

A. ズバッと解決 
配偶者ビザを取るためには「結婚の信ぴょう性」と「結婚生活を安定かつ継続できるだけの経済力」が求められます。確かに結婚して安定した生活を送るためには、それなりの経済力が必要です。また、外国人配偶者が増える事で生活が行き詰まり生活保護など公的負担になる恐れがあります。入国管理局は、このような事態を防ぐ目的で「経済力」を審査の対象にしています。
しかし、年収が低いからといって許可されないという話はいかがなものでしょうか?
配偶者ビザ申請をする上で気になる年収の問題
▼ズバッと解決 こちらをお読みください

配偶者ビザ 日本人配偶者の年収が低い場合

<質問3>
日本人配偶者が無職の場合
Q:
私は、25歳の日本人女性ですが、半年前に23歳のインドネシア人男性と結婚しました。夫婦生活をおくるため夫の配偶者ビザを申請したいのですが、私が日本に帰国したばかりなので無職です。なるべく早く夫とともに暮らしたいのですがどうすれば良いですか?

A.ズバッと解決!
配偶者ビザを取るためには「結婚の信ぴょう性」と「結婚生活を安定かつ継続できるだけの経済力」が求められます。
お客様においては「経済力」を心配されているかと思いますが、このような事例の相談はけっこうあります。
このような場合、2つの選択肢があると思ってください。
【1】就職する方法 
【2】親族等の支援を受ける方法 
日本人配偶者が無職の場合・・・
▼ズバッと解決!こちらをお読みください
配偶者ビザ 日本人配偶者の年収が低い場合


<質問4>
日本人配偶者と離婚してしまった場合 
Q. 私は、45歳の中国人女性ですが、日本人配偶者と離婚しました。生活の基盤が日本にあるため離婚後も日本で生活したいのですが・・・どうすればよろしいでしょうか?
A.ズバッと解決!
外国人の方が日本人と離婚した場合、日本人の配偶者としての身分を失うわけですから、在留期間が満了すれば日本を去らなければなりません。しかし、あなたのように引き続き日本に残りたいと希望する方もいます。そこで、先ずは在留資格「定住者」いわゆる離婚定住ビザへの変更ができるかどうか検討します。
また、「技術・人文知識・国際業務」や「経営管理」などの就労ビザ系への変更も条件が合えば可能です。まずは、悩む前に当事務所にご相談ください。
離婚定住ビザについては
▼こちらをお読みください
離婚定住ビザ Divorce Visa


<質問5>
年齢差のある国際結婚
Q:私は64歳の日本人男性ですが、30歳の外国人女性と結婚しました。夫婦生活を日本でおくるため妻の配偶者ビザを申請したいのですが年齢差があると許可が難しいと聞きました。どのようにして配偶者ビザの申請をするれば良いですか?

A.ズバッと解決!
年齢差のある国際結婚は、偽装結婚が疑われます。特に年齢差が20歳以上離れていると厳格に審査されます。よって、普通に申請をしていては許可の可能性は難しいと思います
年齢差のある国際結婚の配偶者ビザ申請
▼ズバッと解決!こちらをお読みください 
年齢差の大きい配偶者ビザ申請

まとめ

自分たちで申請したが不許可だった・・・
他の行政書士の方に依頼したが不許可だった・・・
以上のような事で当事務所に配偶者ビザ申請を依頼してくるお客様がいらっしゃいます。
いずれも共通することは、説明不足と立証不足によるものです。入国管理局の審査は、提出された書面に基づいて許可・不許可の判断がなされます。入国管理局ホームページで発表されている提出書類だけでは、「結婚の信ぴょう性」「生計維持能力」を伝えきることは難しいです。なぜなら、二人の愛は、1ページで伝えきるほど簡単ではなく、夫婦の愛の形はそれぞれだからです。当事務所では、数多くの配偶者ビザ申請をしました。当然ながら「二人の出会いから結婚に至るプロセス」「これからの夫婦生活」について説明する「申請理由書」を作成してきました。そして、一度足りとも同じ内容のものを作成したことはありません。
国際結婚をしても配偶者ビザがなければ日本で夫婦生活を送ることができません。外国人配偶者にとって、とても大切なものです。二人が幸せに安定して日本で暮らせるよう、誠心誠意お客様に寄り添い、最大・最速・妥協なしの配偶者ビザ申請のサポートをさせていただきます。
行政書士 五十嵐崇治 


<全国対応>
配偶者ビザ申請代行サポート
配偶者ビザ許可率100%
つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
当事務所へのアクセス(地図) 

▼配偶者ビザ申請のご相談・ご依頼は
✉️お問合せフォーム
✉お問合せフォームでは24時間ご相談を受付けております。

▼お電話でのお問い合わせはこちらから

TEL 027-395-4107
お気軽にお問い合わせください
Please feel free to enquire

请随时与我们联系

▼オンライン相談も可能です
Skype, Google Meetなど


お問合せフォーム

つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
高崎インターチェンジから車で5分
ー取扱業務ー
■国際業務部門
在留資格認定証明書交付申請 / 在留資格変更許可申請 / 在留期間更新許可申請
永住許可申請 / 帰化許可申請 / 在留特別許可申請
■その他業務
一般社団法人設立サポート / 株式会社設立サポート
農地転用 / 古物業許可申請  /

配偶者ビザ・永住申請・帰化申請を専門とする国際行政書士
就労ビザ(技人国・特定技能)も勿論サポート
群馬・栃木・埼玉を中心に全国対応
選べる料金プラン&スピード申請

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月曜日〜日曜日

10:00〜19:00
ーお問合せ先ー
つばくろ国際行政書士事務所
<無料相談受付中>

✉️お問合せフォーム
TEL 027-395-4107

10月の休業日
8日(土)日
13日(木)/14日(金)
24日(月)/25
日(火)
31日(月)




PAGE TOP