ビザ申請 永住申請 帰化申請
群馬ビザ申請サポート
つばくろ国際行政書士事務所

国際結婚&配偶者ビザ Spouse Visa

国際結婚&配偶者ビザ

配偶者ビザ申請 許可率100%
難しい案件も粘り強く
不許可案件もあきらめない!
スピード申請
選べる4つの料金プラン 

国際結婚&配偶者ビザ
こんな事でお困りではないですか?
一日でも早く配偶者ビザの結果がほしい
国際結婚をしたが年齢差があるので心配

私(日本人)の年収が低いので心配
質問書や理由書が上手く書けない
技能実習から配偶者ビザへ変更したい
自分で申請したが不許可になってしまった
地元に配偶者ビザに詳しい行政書士がいない

私にお任せください


行政書士 五十嵐崇治

<全国対応>
配偶者ビザ許可率100%
国際結婚&配偶者ビザ群馬ドットコム
つばくろ国際行政書士事務所
群馬県高崎市大沢町107-6
高崎インターチェンジから車で5分

業務のご依頼・ご相談は、
✉️お問合せフォームから
▼お問合せ先 Contact
✉️お問合せフォーム

▼お電話でもお気軽に♪

TEL 027-395-4107

Please feel free to enquire
请随时与我们联系


-主な対応地域-
群馬県・埼玉県・栃木県・茨城県・東京都・神奈川県・千葉県・長野県・新潟県・富山県・石川県
※全国対応ですので上記以外の地域でも要相談で対応します。
<石川県・富山県など北陸在住の方へ>
金沢市は、当職の第2の故郷です。比較的に安い出張費で対応できますのでお気軽にお問合せください。

▼気になる料金は、こちらからどうぞ
配偶者ビザ料金表   

▼よくある質問は、こちらからどうぞ
国際結婚&配偶者ビザ よくある質問

お客様の声

<お客様の声⑥>
在留資格変更許可申請
技能実習から配偶者ビザへ
申請から3週間で許可!
申請人 群馬県 中国人女性 


<お客様の声⑤>
在留資格変更
許可申請
短期滞在ビザから配偶者ビザへ
申請から2週間で許可!
申請人 群馬県 カナダ人女性 



<お客様の声④>

在留資格認定証明書交付申請
申請人 群馬県 パキスタン人男性

<お客様の声③>
在留資格認定証明書交付申請
申請人 群馬県 フィリピン人女性


<お客様の声②>
在留資格認定証明書交付申請
申請人 青森県 メキシコ人男性
申請人の配偶者様より


<お客様の声①>
在留資格認定証明書交付申請
申請人 群馬県 パキスタン人男性
申請人の配偶者様より


同じ感動をあなたにも届けたい!

まずはお気軽にお問合せください

<全国対応>
国際結婚&配偶者ビザ申請専門
つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治 Igarashi Takaharu
配偶者ビザのご相談・ご依頼

✉️お問合せフォームから
▼お問合せ先 Contact

✉️お問合せフォーム
TEL 027-395-4107

配偶者ビザ(結婚ビザ)とは?

国境を越えた愛・・・
それを大切に育んで実らせた国際結婚
しかし、それだけでは愛する人と日本で生活することはできません。
日本人と結婚し、日本人の配偶者として日本で夫婦生活をおくるためには在留資格「日本人の配偶者等」いわゆる配偶者ビザ(結婚ビザ)を取らなければなりません。

日本人と国際結婚手続をして、入国管理局で在留資格の申請をすれば、直ぐに配偶者ビザを許可してもらえるのでは?と思われるかもしれませんが、「然うは問屋が卸さない」ところがビザ申請の難しさです。

配偶者ビザを取るためには、以下の2つの大きなポイントをクリアしなければなりません。
【1】結婚の信ぴょう性
【2】生計要件(結婚生活の安定性と継続性) 

【1】結婚の信ぴょう性

まず今回の国際結婚が「本当に夫婦生活を営むための結婚なのか?」「偽装結婚ではないかどうか?」など結婚の信ぴょう性が審査されます。
悲しい事に日本人を利用して、形だけの結婚を望む外国人がいます。なぜならば日本人と結婚すれば、日本で働きやすくなるからです。また、日本で就労ビザを取得するためには、学歴や実務要件が必要になるので、日本で働くことは非常に難しい条件をクリアする必要があります。しかし、配偶者ビザを取れば、学歴がなくても働くことができ、さらに就労制限がなくなります。結果、日本でお金を稼ぐことができ、そのお金を本国の家族に仕送りするという配偶者ビザ本来の目的から逸脱してしまいます。そのため入国管理局では、偽装結婚を防止するため「結婚の信ぴょう性」を厳しく審査しています。
では、結婚の信ぴょう性を認められるためにはどうしたら良いのでしょうか?
①実際に結婚していること
当然ながら、実際に日本人と結婚している外国人でなくてはなりません。また、現在も婚姻関係中であることが必要であり、日本人配偶者が死亡した場合や離婚した場合は、日本人の配偶者ではなくなります。
同性婚について
日本の民法では同性婚を認めていないので、外国人と日本人との同性婚は、法的に有効な婚姻とされないので、「日本人の配偶者等」の在留資格は許可されません。
なお、外国人同士の同性婚については、その当事者の各本国において有効に成立しているのであれば「特定活動(告示外)」への在留資格変更が許可されます。
②双方の国籍国において法的に夫婦関係であること
原則、お互いの国で婚姻手続をしている必要があります。
これは、本国の婚姻証明書と日本人配偶者の戸籍謄本を提出することで証明します。しかし、中国国籍の方と日本で先に婚姻手続きをした場合のように本国の婚姻証明書が提出できない場合があります。このような場合は、必ず提出できない理由書を作成し、申請時に入国管理局に提出してください。
③同居して夫婦一緒に協力し、社会通念上夫婦として共同生活をおくるという婚姻の実体があること
「社会通念上夫婦として共同生活をおくるという事」は、特別な理由がない限り、同居しているということです。
民法でも「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と定められています。そのため同居する住居があまりに狭い場合は、結婚の信ぴょう性を疑われる可能性があります。
特別な理由がない限り、夫婦そろって同居することが条件となりますが、現代社会では様々な夫婦の形があります。様々な事情や背景があり、同居していない、別居しているとの一言だけで不許可となるわけではありません。別居をして生活をしなければならない理由をしっかりと説明し、それを証明する資料を提出する必要があります。
④離婚歴が何回もある場合は要注意
いざ結婚してみても価値観の違い・文化の違い・言葉の障害そして相性の問題から離婚となってしまうこともあります。それはそれで仕方がないことです。
しかし、日本人側に外国人との離婚歴が何回もある場合または外国人側に日本人との離婚歴が何回もある場合、特に前婚の婚姻期間が短い場合は、入国管理局に「偽装結婚を繰り返しているのではないか」「結婚生活の安定性に欠けるのではないか」と疑われてしまうことがあります。そのため、申請をする際には、婚姻の信ぴょう性・婚姻の安定性を立証するために理由書でしっかりとその点を注意しなければなりません。
⑤交際期間が短くても・・・
「交際期間が短いと配偶者ビザを取るのが難しい・・・」と相談をよく受けますが・・・愛の形っていろいろな形があると思うのです。出会った瞬間から「ボッ」と激しく燃え上がり、1ヵ月後には結婚をしていた。よくあることです。交際期間に明確な基準はありません。ただ私が言えることは交際期間の長さより「濃さ」だと思っています。二人が真剣に愛し合い、そして愛を真剣に誓い合ったならそれを思いっきり入国管理局にぶつければいいだけです。そのためには、丁寧な理由書、写真、SNSの履歴などを提出する必要があります。当職は、それを熱くサポートさせていただきます。

【2】生計要件
ー結婚生活の安定性と継続性ー

結婚の安定性・継続性があるのか?」「結婚生活をするための経済力があるのかどうか?など生計要件も配偶者ビザが許可されるかどうかを左右する大きなポイントになります。
日本人配偶者の収入が低い場合は、不許可となる確率が高くなります。
なぜなら外国人配偶者の生活費が増えることで、日本での生活が維持できなくなり、生活保護など公の負担となってしまう可能性があるからです。外国人配偶者が既に日本で職に就いており、安定した収入があれば問題ありませんが・・・配偶者ビザの相談内容の多くは、この生計要件に不安がある方です。
確かに収入は多い方が圧倒的に有利ですが、日本人配偶者の年収が低くても許可される可能性があるのも事実です。例えば・・・
◇日本人配偶者の収入が低い場合・・・
ご自身の年収が低くても、両親や支援者から援助を受けられる場合は許可の可能性があります。また、それぞれの家庭や地域によって生活費が異なるので年収が低くても十分に生活できることを証明すれば許可されます。
◇現在無職の場合でも・・・
現在無職でも、新しく就職先が決まり、在職証明書や雇用契約書、給料明細書を添付して、日本で今後安定した生活が継続的にできますことを証明すれば許可の可能性があります。

<結局のところ・・・>
ビザ申請は、書面審理主義です。申請時に提出した書面をもとにして審査されます。つまり、申請書・質問書・理由書に記載した内容と提出した書類の情報を一致させて、配偶者ビザのポイントである結婚の信ぴょう性」と「結婚生活の安定性と継続性を証明する必要があります。
そのため、ただ法務省で公表されている必要書類だけで許可を取る事は、難しいことだと思われます。何回も入国管理局に通って許可が出たという話も良く聞きます。いずれにしろ愛する人と一日でも早く日本で暮らしたいのであれば、まずは入管業務をすることが許されている申請取次行政書士に相談することをお奨めします。

必要書類


<在留資格認定証明書交付申請>

①在留資格認定証明書交付申請書
②写真 ※縦4cm×横3cm 
③返信用封筒 + 404円切手
④日本人配偶者の戸籍謄本 
※婚姻事実の記載があるもの
⑤婚姻証明書 
※和訳付き
※提出できない場合はその理由書 
⑥日本人配偶者の住民票 
※世帯全員の記載のあるもの 
⑦日本人配偶者の住民税の課税証明書または非課税証明書 
⑧日本人配偶者の納税証明書
※入国後間もない場合や転居等により⑦や⑧を用意できない場合は以下の書類等を用意します。
・雇用契約書や採用内定通知書など
・給与明細書 ※最低でも2ヵ月分 
・預貯金通帳の写し
⑨身元保証書
・基本的には、日本人配偶者が身元保証人になります。しかし、やむを得ない理由により、日本人配偶者以外の方が身元保証人になる場合は、その理由書を必ず提出します。
⑩質問書
⑪申請理由書 ※A4用紙2~4枚
⑫スナップ写真
※上記の書類は最低限必要なものです。
この他にも質問書や理由書の内容を証明するための資料を添付する書類があります。そのため、当事務所では、お客様の実情にあわせた【必要書類リスト】を作成し、そのリストに則って書類を集めていきます。
その結果、入国管理局から追加資料提出を求められる確率が減り、さらにその結果、書類提出から結果通知までの審査期間が短くなります。

配偶者ビザ許可率100%
国際結婚&配偶者ビザ群馬ドットコム
つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
相談・見積もり・資料請求

ご希望される方は
まずは✉️お問合せフォームからご連絡ください
▼お問合せ先 Contact
✉️お問合せフォーム
Please feel free to enquire!

请随时与我们联系 

配偶者ビザの更新

<配偶者ビザの更新>
◇更新はいつから?

配偶者ビザの有効期限は6ヵ月・1年・3年・5年となっています。
例えば、在留期間が1年で交付日が2020年9月1日だとすると在留期間の満了日は2021年9月1日です。この満了日の3ヵ月前から配偶者ビザの更新手続をすることができます。
2~3週間くらいで許可が出ますが、前回の申請時と状況が違っていたりすると審査期間が長引きます。
在留期間の満了日が過ぎても「特別受理」の制度があり、いったんは事情は聴いてくれるでしょうが、昔のように「ついうっかり」では許されません。在留期限が切れた後も帰国しないで、日本に滞在していると不法残留となり退去強制の対象になるので注意が必要です。

◇配偶者ビザ更新 在留期間3年の基準 
一般的に初めて配偶者ビザの申請をして許可が出たとしても多くの方の在留期間は1年だと思います。
それはなぜかというと1回目の審査だけでは「結婚の信ぴょう性」や「結婚の継続性と安定性」はわからないからです。「あんなにお似合いだったのに・・・」「あんなに素敵な結婚式だったのに・・・」と思われていた新婚カップルが1年で破局になったなんてケースは日本人同士でもありえるからです。だから様子を見るために最初の在留期間は1年になります。そして、最初に迎える更新でもまた1年が多いかと思います。

しかし、在留期間1年だとまた1年後に更新に行かなくてはなりません。それでは面倒くさいです。どうしても欲しい在留期間3年です。
配偶者ビザの在留期間は「1年」「3年」「5年」「6ヵ月」とあります。
それぞれに基準があり、3年の基準に達しないといつになっても在留期間は1年のままです。
それでは在留期間3年をもらうためにはどうしたら良いのでしょうか?
次の4つを意識してください。
①婚姻期間と同居期間が長いこと 
目安は婚姻後の同居期間が3年を超えていること。しかし、夫婦の形は様々です。別居していても「やむを得ない事情」をしっかりと説明し、それを証明する立証資料を提出することが肝要です。 
②世帯収入が安定していること
③主たる生計維持者の職が安定していること
④住所変更の届出など入管法上の届出義務をしっかりと果たしていること
また、夫婦間に子どもがいた場合はさらに在留期間3年の実現が高まります。

◇配偶者ビザ更新の必要書類

【1】在留期間更新許可申請書 
【2】写真 4cm × 3cm 
【3】日本人配偶者の戸籍謄本
【4】住民税の課税証明書又は非課税証明書
【5】納税証明書 
※【4】と【5】に関して
・申請人の滞在費用を支弁する方のものを提出
・申請人自らが滞在費用を支弁している場合は、申請人のものを提出してください。
・発行日から3ヵ月以内のものを提出してください。
【6】日本人配偶者の身元保証書
【7】日本人配偶者の住民票
【8】パスポートと在留カード 提示のみ
 

お問合せフォーム

つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
高崎インターチェンジから車で5分
ー取扱業務ー
■国際業務部門
在留資格認定証明書交付申請 / 在留資格変更許可申請 / 在留期間更新許可申請
永住許可申請 / 帰化許可申請 / 在留特別許可申請
■法人設立&許認可部門
一般社団法人設立サポート / 株式会社設立サポート
建設業許可申請 / 古物業許可申請  
■終活部門
公正証書遺言作成サポート / 死後事務委任契約書作成サポート

配偶者ビザ・永住申請・帰化申請を専門とする国際行政書士
就労ビザ(技人国・特定技能)も勿論サポート
群馬・栃木・埼玉を中心に全国対応
選べる料金プラン&スピード申請

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月曜日〜日曜日

10:00〜18:00
ーお問合せ先ー
つばくろ国際行政書士事務所
<無料相談受付中>

✉️お問合せフォーム
TEL 027-395-4107

<休業案内>
5月17日(火)


PAGE TOP