ビザ申請 永住申請 帰化申請
群馬ビザ申請サポート
つばくろ国際行政書士事務所

中国人との国際結婚&配偶者ビザ

中国人の方との国際結婚&配偶者ビザ申請

中国人の方との
国際結婚&配偶者ビザ申請

中国の方とご結婚し、日本で夫婦生活を送るためには、まずは婚姻手続きをし、その後、在留資格の手続きをしなければなりません。
このページでは、中国の方との国際結婚そして配偶者ビザ申請について記載しています。

愛する方と少しでも早く日本で暮らすため
私にお任せください

行政書士 五十嵐 崇治

<全国対応>
配偶者ビザ 許可率100%&スピード申請

つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6

配偶者ビザ申請のご依頼
✉️お問合せフォームから
▼お問合せ先 Contact
 
✉️お問合せフォーム
Please feel free to enquire!

请随时与我们联系 

日本人と中国人との国際結婚

日本人と中国人が国際結婚する場合、日本人については、日本の民法で定める結婚要件を、中国人については、中国の婚姻法で定める婚姻要件を、それぞれ満たす必要があります。
日本では、男性は18歳以上、女性は16歳以上になるとと婚姻をすることができます。
しかし、中国では、男性は22歳以上、女性は20歳以上にならないと婚姻することはできません。よって、中国人と結婚する場合は、中国の法律で定める上記婚姻年齢を満たしていなければなりません。


婚姻手続は、日本国内でも中国国内でもどちらでもおこなえます。
それでは、それぞれの手続をみていきましょう。

日本で先に婚姻手続をする場合

ー日本方式ー
日本で婚姻手続をする場合
STEP 1 
在日中国大使館で婚姻要件具備証明書を取得 
◆必要書類

①婚姻要件具備証明書の申請書
 ※中国大使館にあります。
②在留カードとパスポート(旅券)
③住民票
※なお、短期滞在者には、婚姻要件具備証明書が発行されない場合があります。
STEP2 
市区町村役場で婚姻届を提出 
以下の必要書類を揃えて婚姻届を提出します。
① 婚姻届 
② 日本人の戸籍謄本
③ 婚姻要件具備証明書 
④ 婚姻要件具備証明書の和訳文 
⑤ 中国人の国籍を証明する資料 ※旅券(パスポート) 
※各市区町村によって必要書類の種類が異なるケースがあります。
※旅券(パスポート)の有効期限が切れている場合、国籍を証明する資料として「出生公証書」の提出を求められる場合があります。「出生公証書」は、中国国内の公正処で取得することになります。
※中国人の方に婚姻歴がある場合は「離婚証明」などが必要になります。「離婚証明」は中国大使館で取得できます。

↓↓↓

※中国では、外国で成立した婚姻を有効な婚姻として認めています。
よって、中国であらためて婚姻の手続をする必要はありません。しかし、中国の戸籍簿には「未婚」のままになっています。相続など後々のことを考えて、中国に戻ったときでいいので、中国の戸籍簿に「既婚」と登録される手続を行うほうがよろしいかと思います。

STEP3  
入国管理局で在留資格の変更手続き 
※日本方式で婚姻手続をした場合、中国での手続が不要なため、結婚証明書が発行されません
入国管理局もそのことは十分承知しているかと思いますが、配偶者ビザへの変更手続の際は、提出できない理由をしっかりと説明することが望ましいです。

中国で先に婚姻手続をする場合

ー中国方式ー
中国で先に婚姻手続をする場合
STEP 1 
法務局で婚姻要件具備証明書を取得 
※住所地を管轄する法務局で取得してください。
STEP 2 
外務省で婚姻要件具備証明書の認証手続き 
以下の書類を提出してください。
①婚姻要件具備証明書
②日本人のパスポート又は運転免許証
※申請と受領のため外務省へ2回行く事になります。
※代理申請可能です。
STEP 3 
外務省で認証を受けた婚姻要件具備証明書を
今度は駐日中国大使館で認証手続をする

以下の書類を提出します。
①日本人のパスポート
②外務省認証後の婚姻要件具備証明書の写し
※代理申請可能 
STEP 4 
中国での婚姻登記手続き
民政局結婚登記処に行き結婚の申請をします。
必ず2人して登記処に出向いてください。
以下の書類を提出するようです。
① 日本人のパスポート
② 外務省で認証を受けた婚姻要件具備証明書
  ※中国語翻訳文付き
③ 中国大使館で認証を受けた婚姻要件具備証明書
  ※中国語翻訳文付き 
④ 中国人の戸口簿
⑤ 住民身分証明書 
⑥ 中国人のパスポート 
※各所で追加書類を要求されることがあるようです。中国現地に行ってからの入手は大変困難ですので、事前にどんな書類が必要なのか中国人婚約者より聞いておくのがポイントになります。
↓↓↓
登記完了
↓↓↓
結婚証が発行されます。
パスポートサイズの赤い手帳で、夫婦二人の写真が貼られます。前述したように日本方式では発行されません。
STEP 5
 
公正処での手続
「結婚証」を持って以下の書類をもらってください。
結婚公証書
・中国人配偶者の出生公証書
・中国国籍証明公証書

※申し出れば日本語訳を付けてくれます。
STEP 6 
日本の市区町村の役所で手続
婚姻届の提出 
※婚姻届には中国人配偶者の署名は必要ありません。日本人一人でできます。
以下の書類を提出してください。
・婚姻届
・日本人の戸籍謄本
・結婚公証書 ※日本語和訳付き
・出生公証書 ※日本語和訳付き
・国籍証明公証書 ※日本語和訳付き 
STEP 7 
入国管理局で在留資格認定証明書交付申請 


婚姻手続後⇒配偶者ビザを取る

婚姻のお手続、おつかれさまでした。
しかし、日本国内で夫婦生活を送るためには、在留資格「日本人の配偶者等」いわゆる「配偶者ビザ(結婚ビザ)」を取らなければなりません。

中国人配偶者の方が、中国にいる場合は、在留資格認定証明書交付申請を、中国人配偶者の方が既に日本に居て、何かしらの在留資格を有しているのであれば在留資格変更許可申請をします。
なお、こんがらがってしまわないように前置きしますが、在留資格「日本人の配偶者等」を「配偶者ビザ」、「在留資格認定証明書交付申請または在留資格変更許可申請」を「配偶者ビザ申請」と呼ばせていただきます。 


配偶者ビザを取るためには、以下の2つを証明しなければなりません。
1. 結婚の信ぴょう性
2. 生計要件(結婚生活の安定性と継続性) 

1.結婚の信ぴょう性
結婚の信ぴょう性が認められるためには、以下のポイントを押さえてください。
①実際に結婚していること
当然ながら、実際に日本人と結婚していなければなりません。
②双方の国籍国において法的に夫婦関係であること
原則、お互いの国で婚姻手続をしている必要があります。
これは、本国の婚姻証明書と日本人配偶者の戸籍謄本を提出することで証明します。しかし、中国の方と日本で先に婚姻手続をし、在留資格変更許可申請をする場合、本国の婚姻証明書が提出できません。このような場合には、必ず提出できない理由書を作成し、申請時に入国管理局に提出するようにしてください
③原則、同居すること
同居して夫婦一緒に協力して、社会通念上夫婦として共同生活をおくるという婚姻の実体があることが必要です。
しかし、現代社会では、様々な夫婦の形があります。別居せざるを得ない状況で夫婦生活を送ることも考えられます。そのような場合は、別居して生活をしなければならない理由をしっかりと説明し、それを証明する資料を提出してください。
④交際中および結婚式の写真を提出すること
在留資格の審査は、提出された書面のみで判断されます。そのため、文書だけでは、夫婦の愛の形を証明することは難しいです。
やはり、書面だけでなく、写真を添付して説明することで、しっかりとした交際期間を経て、婚姻されたことが証明できると思います。
「交際期間中の二人の思い出の写真」「お互いの親族と撮った写真」「結婚式の写真」など時系列順に並べてテキストを作成するといいでしょう。

2. 生計要件
ー結婚生活の安定性と継続性ー
「結婚の安定性・継続性があるのか?」「結婚生活をするための経済力があるのかどうか?」など生計要件も配偶者ビザが許可されるかどうかを左右する大きなポイントになります。
日本人配偶者の収入が低い場合は、不許可となる確率が高くなります。
なぜなら外国人配偶者の生活費が増えることで、日本での生活が維持できなくなり、生活保護など公の負担となってしまう可能性があるからです。外国人配偶者が既に日本で職に就いており、安定した収入があれば問題ありませんが・・・配偶者ビザの相談内容の多くは、この生計要件に不安がある方です。
確かに収入は多い方が圧倒的に有利ですが、日本人配偶者の年収が低くても許可される可能性があるのも事実です。例えば・・・
◇日本人配偶者の収入が低い場合・・・
ご自身の年収が低くても、両親や支援者から援助を受けられる場合は許可の可能性があります。また、それぞれの家庭や地域によって生活費が異なるので年収が低くても十分に生活できることを証明すれば許可されます。
◇現在無職の場合でも・・・
現在無職でも、新しく就職先が決まり、在職証明書や雇用契約書、給料明細書を添付して、日本で今後安定した生活が継続的にできますことを証明すれば許可の可能性があります。

【結局のところ・・・】
ビザ申請は、書面審理主義です。申請時に提出した書面をもとにして審査されます。つまり、申請書・質問書・理由書に記載した内容と提出した書類の情報を一致させて、配偶者ビザのポイントである「結婚の信ぴょう性」と「結婚生活の安定性と継続性」を証明する必要があります。
そのため、ただ法務省で公表されている必要書類だけで許可を取る事は、難しいことだと思われます。何回も入国管理局に通って許可が出たという話も良く聞きます。いずれにしろ愛する人と一日でも早く日本で暮らしたいのであれば、まずは入管業務をすることが許されている申請取次行政書士に相談することをお奨めします。




▼気になる料金は、こちらからどうぞ
配偶者ビザ料金表&サービス内容   

▼よくある質問は、こちらからどうぞ
国際結婚&配偶者ビザ よくある質問



お問合せフォーム

つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
高崎インターチェンジから車で5分
ー取扱業務ー
■国際業務部門
在留資格認定証明書交付申請 / 在留資格変更許可申請 / 在留期間更新許可申請
永住許可申請 / 帰化許可申請 / 在留特別許可申請
■法人設立&許認可部門
一般社団法人設立サポート / 株式会社設立サポート
建設業許可申請 / 古物業許可申請  
■終活部門
公正証書遺言作成サポート / 死後事務委任契約書作成サポート

配偶者ビザ・永住申請・帰化申請を専門とする国際行政書士
就労ビザ(技人国・特定技能)も勿論サポート
群馬・栃木・埼玉を中心に全国対応
選べる料金プラン&スピード申請

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月曜日〜日曜日

10:00〜18:00
ーお問合せ先ー
つばくろ国際行政書士事務所
<無料相談受付中>

✉️お問合せフォーム
TEL 027-395-4107

<休業案内>
5月17日(火)


PAGE TOP