ビザ申請 永住申請 帰化申請
群馬ビザ申請サポート
つばくろ国際行政書士事務所

高度人材からの永住権申請

高度人材外国人とは?

基本的に就労ビザの代表格「技術・人文知識・国際業務」の在留資格の方は、引き続き10年以上日本に在留していないと永住権申請の挑戦権を得ることができません。
しかし、ある一定の条件を満たせば、3年または1年の在留で永住権申請の挑戦権を得ることができます。
では、ある一定の条件とは何なのか・・・
それが今回のテーマである高度人材外国人です。
高度人材外国人とは、高度な専門的な能力を有する外国人で、日本の学術研究または経済の発展に貢献することが見込まれる者のことをいいます。
具体的に言うと、在留資格「高度専門職」をもって日本に在留している外国人の方、または「技術・人文知識・国際業務」の在留資格をもって日本に在留している外国人の方で高度専門職ポイント計算で70点以上をとっている外国人の方のことをいいます。
これらの方は、永住申請の10年原則が緩和されて3年または1年の日本在留で永住権申請ができます。
このページでは、高度人材からの永住権申請についてポイントをまとめてみました。

高度人材から永住権申請
永住ビザ群馬ドットコム
つばくろ国際行政書士事務所
相談をご希望される方は↓↓↓
TEL 027-395-4107
✉相談予約24時間受付中
Please feel free to enquire!
请随时与我们联系 

高度人材から永住権申請



高度人材から永住権申請をするには、先ずは高度人材外国人として認められなくてはいけません。

高度人材外国人として認められるためには、以下の条件(1)~(4)のいずれかをクリアする必要があります。
(1) 高度専門職のポイント計算表を用いた計算により70点以上を有する者で「高度人材外国人」として引き続き3年以上日本に在留している外国人 
※在留資格「高度専門職」を有していればこの条件が当てはまります。

(2) 永住許可申請をした日から3年前の時点を基準として高度専門職のポイント計算表を用いた計算により70点以上の点数を有していたことが認められ、現在も70点以上を維持し、引き続き3年以上日本に在留している外国人
※現在もっている在留資格が「高度専門職」でなくても、(2)の条件に当てはまれば高度人材外国人として認められます。つまり、「技術・人文知識・国際業務」の在留資格の方でもポイント計算の結果、3年以上前から70点以上の点数を取っていれば高度人材外国人として認められます。

(3)高度専門職のポイント計算表を用いた計算により80点以上を有する者で「高度人材外国人」として引き続き1年以上日本に在留している外国人 
※在留資格「高度専門職」を有していればこの条件が当てはまります。

(4)永住許可申請をした日から1年前の時点を基準として高度専門職のポイント計算表を用いた計算により80点以上の点数を有していたことが認められ、現在も80点以上を維持し、引き続き1年以上日本に在留している外国人
※ポイントが80点以上ならば日本在留期間は1年で済みます。 

以上の(1)~(4)のいずれかの条件を満たせば高度人材外国人として70点以上ならば3年、80点以上ならば1年の日本在留で永住権申請の挑戦権を得ることができます。
しかし、この条件だけを満たしていてもまだまだ永住権を取得することはできません。
永住権を取得するには・・・
さらに下記の要件もクリアする必要があります。
 ↓ ↓ ↓
要件① 素行が善良であること
下記の要件を満たしている必要があります。

◎日本国の法令に違反して、懲役・禁錮又は罰金に処せられたことがないこと
◎日常生活又は社会生活において、違法行為又は風紀を乱す行為を繰り返し行っていないこと
要件② 独立して生計を営むことができる資産又は技能があること
高度専門職の外国人の方は基本的には年収が高いのでこの要件はクリアすることが多いと思いますが・・・年収が300万円に満たないときはポイント計算で70点以上をとっていても高度人材外国人としては認められません。

とくに在留資格「技術・人文知識・国際業務」の方がポイント計算で70点以上とっているので、高度人材として永住許可申請をする場合にしても、3年前の時点に年収300万円であった状態でないと要件が満たされず許可されませんので注意です。
要件③最長の在留期間をもっていること
在留資格「技術・人文知識・国際業務」の方であれば、在留期間は3年以上でなければなりません。
要件④ 納税等の公的義務を果たしていること
まぁ・・・当然の条件となります。特に国民健康保険や国民年金に滞納があると基本不許可になります。
要件④その他
◎公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと
感染症患者として一類感染症、二類感染症、指定感染症・新感染症の罹患者。その他として麻薬・大麻・覚せい剤等の慢性中毒者でないこと
◎身元保証人がいること
身元保証人には、日本人か外国人の「永住者」の方になってもらいましょう。そして、安定した収入があり、納税をしっかりとしている方でなければなりません。


高度人材ポイント計算の仕方

あれ?もしかして高度人材外国人!?

以下の条件が当てはまるようであれば高度人材外国人の可能性があるかもしれません!
(1)大学院に出ている
(2)年収500万円以上
(3)年齢が30歳未満
(4)日本の大学を卒業している
(5)日本語能力N1
(6)世界大学ランキングに基づき加点対象となる大学を卒業している 

ポイント計算については出入国在留管理局のこのページを参考にしてください。
↓  ↓  ↓  
高度人材ポイント評価の仕組み

世界大学ランキングに基づき加点対象となる大学はこのページを参考にしてください。
↓  ↓  ↓ 
世界大学ランキングに基づき加点対象となる大学 

高度人材から永住権申請をサポート

当事務所ではお客様のニーズに合わせた料金プランをご用意しております。
<永住許可申請基本料金>
77,000円(税込)から

高度人材から永住許可申請をお考えの方は
お気軽にお問合せください

高度人材から永住権申請
つばくろ国際行政書士事務所
相談をご希望される方は↓↓↓
TEL 027-395-4107
✉相談予約24時間受付中
Please feel free to enquire!
请随时与我们联系 

相談予約 24時間受付中

配偶者ビザ・永住申請・帰化申請を専門とする国際行政書士
就労ビザ(技人国・特定技能)も勿論サポート
群馬・栃木・埼玉を中心に全国どこでも
低料金でビザ申請を確実に取得
選べる料金プラン&スピード申請

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月・火・水・木・金

9:00〜18:30
土曜日・祝日
9:00〜14:00
定休日
日曜日・祝日
ー連絡先ー
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107




PAGE TOP