ビザ申請 永住申請 帰化申請
群馬ビザ申請サポート
つばくろ国際行政書士事務所

国際結婚手続き

様々な国際結婚手続き

様々な国際結婚手続き
少しでも二人のお役に立てれば幸いです

日本人同士が日本で結婚をする場合、証人二人が署名した婚姻届を役所に提出すればそこで結婚(法律婚)が成立します。
しかし、これが国際結婚になると一気に手続きが煩雑になります。
さらに国際結婚をし、日本で暮らすとなると「日本人の配偶者等の在留資格(配偶者ビザ)」が必要になり、そのためには日本と外国人配偶者の本国で結婚手続きをとらなければなりません。
このページでは、少しでも二人のお役に立てればと思い、国際結婚手続きについて解説しています。
そして、次の国々については、詳しく手続きの流れを説明していますので参考にしてください。
▶︎中国人との国際結婚&配偶者ビザ申請
▶︎ベトナム人との国際結婚&配偶者ビザ申請
▶︎フィリピン人との国際結婚&配偶者ビザ申請
▶︎ルーマニア人との国際結婚&配偶者ビザ申請

国際結婚&配偶者ビザ専門
つばくろ国際行政書士事務所 
行政書士 五十嵐崇治 Igarashi Takaharu 
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
▼ご相談予約・業務のご依頼はこちらから
お得な✉️お問合せフォーム

国際結婚手続きの基本

国際結婚の手続きは、日本方式(日本で先にする場合)、外国方式(外国人配偶者の本国で先にする場合)で手続きの仕方が大きく違ってきます。
例外を除き、日本方式を選択した場合は、先ずは「婚姻要件具備証明書」を取得し、次に日本の役所に婚姻届出をして、最後に日本にある本国大使館で婚姻の報告的届出をするという流れになります。
一方、外国方式を選択した場合は、各国それぞれの流れがありますし、日本人の方が外国人配偶者の本国に行く必要もあります。そのため、日本方式に比べると労力が相当かかります。
だったら、日本方式を選択した方が良いだろうとお考えになるかと思いますが、配偶者ビザ申請のことを考えるとそうとは言い切れません。

配偶者ビザ申請

国際結婚後、日本で夫婦生活を送る場合、外国人配偶者は、「日本人の配偶者等」の在留資格(配偶者ビザ)を取得しなければなりません。
そのため、国際結婚手続きは、日本方式を選択した方が良いだろうと思われますが、配偶者ビザ申請のことを考えるとそうとは言い切れなくなるのです。
既に日本で暮らしている外国人と結婚するならば日本方式で結婚手続きをとることをおススメしますが、海外で暮らしている外国人を配偶者として呼びよせて日本で夫婦生活を送るのであれば、外国方式を選択した方が無難なケースがあります。
日本方式を選択する場合、海外で暮らす外国人の方を短期滞在ビザで日本に一度連れてくる必要があります。そして、その滞在期間中に結婚手続きを全て済ませます。その後、一度帰国してもらい、次に在留資格認定証明書交付申請(海外からの呼び寄せ)をすれば全く問題がありませんが、問題は、結婚手続き後も帰国せずに、そのまま短期滞在から配偶者ビザへと変更する場合です。原則、やむを得ない特別な事情がない限りは、短期滞在ビザから配偶者ビザへの変更は認められていません。そのため「やむを得ない特別な事情」がなければ配偶者ビザへの変更申請は不許可になります。
しかし、外国方式で国際結婚をし、海外にいる外国人配偶者を日本人の配偶者として呼び寄せる手続きである在留資格認定証明書交付申請の場合は「やむを得ない特別な事情」を説明することはありませんので許可率は高くなります。

まとめ

▼日本方式で結婚手続きをした方が良い方
・外国人の方が既に日本で暮らしている場合
・やむを得ない特別な事情がある場合 
・結婚手続き後、本国に帰国しても問題のない場合
▼外国方式で結婚手続きをした方が良い方
・外国人配偶者の方が海外で暮らしている場合
・やむを得ない特別な事情がない場合

国際結婚手続きは煩雑であり、その手続き方法も国ごとに違ってきます。
まず、調べるのに苦労するのが国際結婚です。そして、その後、日本で夫婦生活を送るために配偶者ビザ申請もあるので、その道のりは長く、険しい道のりとなります。
当事務所は、その長く、険しい道のりをガイドし、お二方が目指す山頂へ安心してたどり着けるようサポートしていきます。

国際結婚&配偶者ビザ申請
当事務所にお任せください 

つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治 Igarashi Takaharu

当事務所は、関東甲信越・東海地方・北陸地方を中心に、外国人のビザ申請を全国サポートしている行政書士事務所です。今回のビザ申請は、二人の人生を賭けた大切なイベントであり、相当の覚悟をもって、当事務所に業務をご依頼しているかと思います。当事務所では、お客様のご覚悟に応え、1日でも早く二人が日本で夫婦生活を送れるよう、最大・最速・妥協のない配偶者ビザ申請サポートを提供します。二人の夢と希望が実現し、幸せな未来が到来することが当事務所の願いです。

ご相談・ご依頼はこちらから

当事務所での相談方法は3パターン
①当事務所での相談

当事務所にお越しいただきます。当事務所は高崎インターチェンジから車で3〜4分のとこにあります。駐車場有り。
②出張相談

お客様がご指定する場所へ当職がお伺いします。ただし、相談料の他に日当が発生する事をご了承ください。
③オンライン相談

遠方や海外にいる方に大変重宝されています。群馬県以外の方の相談は、ほとんどオンライン相談です。だから全国対応です!

<当事務所での相談について>
当事務所は、原則無料相談ですが、次の場合は有料相談となります。
有料相談 1回10,000+消費税10% 
①理由書の書き方など書類の作成方法について
②申請時の必要書類について
③1年以上先の申請について
④在留特別許可について
⑤国籍について(日本国籍喪失など) 

▼ご相談予約・業務のご依頼はこちらから
✉️お問合せフォームContact 
お問合せフォームでは24時間、相談予約・ご依頼を受け付けております。

▼お電話でのご相談予約・業務のご依頼
TEL 027-395-4107  

<全国対応>
配偶者ビザ申請代行サポート
配偶者ビザ許可率100%
つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
当事務所へのアクセス(地図) 

お問合せフォーム


<営業時間>
月・火・水・木・金
9:00〜19:00
定休日=土曜日/日曜日


ー取扱業務ー
■国際業務部門
国際結婚&配偶者ビザ申請 / 離婚定住ビザ申請
連れ子ビザ申請 / 老親扶養ビザ申請(連れ親) 
就労ビザ申請(技術・人文知識・国際業務)
就労ビザ申請(企業内転勤)
特定技能ビザ申請(農業・飲食料品製造業・外食業・建設業)
経営管理ビザ&会社設立サポート
家族滞在ビザ申請(Dependent Visa)
短期滞在ビザ申請(Temporary Visitor)
永住許可申請 / 帰化許可申請 / 国籍相談
ベトナム大使館領事認証代行サポート
アメリカB1/B2ビザ申請サポート 

■その他業務
遺言サポート / 相続サポート / 死後事務委任契約

配偶者ビザ・永住申請・帰化申請を専門とする国際行政書士
就労ビザ(技人国・特定技能)も勿論サポート
群馬・栃木・埼玉・長野・新潟を中心に全国対応
難しい案件でお悩みでしたら、当事務所にご連絡ください。粘り強く対応します。
土曜・祝日の相談可能

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️
9:00〜19:00
定休日=土曜日/日曜日

ーお問合せ先ー
つばくろ国際行政書士事務所
✉️お問合せフォーム




PAGE TOP