ビザ申請・永住申請・帰化申請
群馬ビザ申請サポートオフィス
つばくろ国際行政書士事務所

終活遺言サポート業務

群馬公正証書遺言サポートオフィス


このようなお悩みはありませんか?

・遺言書を作成したほうがいいのか迷っている
・夫婦の間に子どもいないので妻に遺産の全てを相続させたい
・長年連れ添った内縁の妻に遺産の一部をあげたい
・先妻と現在の妻にそれぞれ子どもがいる
・公正証書遺言と自筆証書遺言どちらにするか迷っている
・介護をしてくれた長男に多めに財産を遺したい
・障害のある子ども将来が心配である
★すべてつばくろ国際行政書士事務所にお任せください。
当事務所は、相続遺言業務の専門家でもあります。

<ご挨拶>

行政書士 五十嵐崇治
うちの家族に限って遺産争いなど起こるはずがない・・・
誰もがそう思うに違いありません。
しかし、どんなに仲のよかった家族でもちょっとした感情のもつれから相続トラブルは起こります。仲のよかった家族が自分の死をきっかけに争いをおこし、その絆がほころびていくほど悲しいものはありません。
遺言の目的はいろいろですが、大切な家族を無用なトラブルから守ること、これこそが遺言書を作成する最大の目的です。
人はいつ亡くなるかわかりません。亡くなってからではもう伝えることができません。
遺言は自分の考えを伝える最後のチャンスです。
あなたの「魂」を形にしてみてはいかがでしょうか。
私がサポートさせていただきます。

群馬公正証書遺言サポートオフィス
つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
TEL 027-395-4107
✉メール相談24時間受付中
お気軽にお問合せください。
初回の相談料は無料です。ご安心ください。

ー遺言業務対応地域ー
群馬・埼玉・栃木・長野・新潟

業務&料金

<業務1>
公正証書遺言作成サポート
ーサポート内容ー 
必要書類の収集 / 文案作成 / 公証人との打合せ / 証人 等

料金80,000円~100,000円
税込金額 88,000円~110,000円
◆なお、上記の金額以外に下記の実費がかかります。
公証人手数料 / 正本・謄本等の交付手数料 / 証人立会料など
※公証人手数料に関しては下記のページでご確認ください。
↓ ↓ ↓ 
公証人手数料一覧

<業務2>
自筆証書遺言作成サポート
ーサポート内容ー
遺言の作成指導 / 遺言書のチェック

料金40,000円 (税込44,000円)

<業務3>
相続遺言個人レッスン
ーサポート内容ー
個別に相続遺言の基礎について指導

授業回数は60分~70分授業を4日間 
料金16,000円 (税込17,600円)



群馬公正証書遺言サポートオフィス
つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治
TEL 027-395-4107 
✉メール相談24h 
お気軽にお問合せ下さい。
初回の相談料は無料です。ご安心ください。

お手続の流れ

STEP1
まずは、当事務所へお問合せください。

相談日の日程調整をいたします。
お問合せは【☎電話】または【✉メール】からご連絡ください。
相談場所は、当事務所にお越しいただくか、または、お客様のご指定する場所へ私が伺います。

STEP2

初回相談

相談料は無料です。お客様の相談に対して回答していきます。

そして、概算の見積書を提示させていただきます。その際、料金の説明・手続の流れを説明させていただきます。ご納得いただきましたらSTEP3へ進みます。

STEP3
契約~業務依頼~
正式に当事務所に業務をご依頼いただく際は、お手数ですが【契約書(注文書)】にご署名いただきます。
初回相談の時に【契約書(注文書)】にご署名いただいても結構です。

STEPT4
着手金をお支払いください
着手金 税込33,000円
着手金の入金確認後、業務を開始します。


STEP5
必要書類収集

ー主な必要書類ー
・遺言者の印鑑証明書
・遺言者と相続人との続柄がわかる戸籍謄本
・相続人以外の人に遺贈する場合は、その人の住民票
・財産に不動産がある場合は以下のもの 
 固定資産税課税通知書または固定資産評価証明書
 登記事項証明書 
・証人予定者の氏名、住所、生年月日、職業を記載したメモ
・その他、公証人から指定されたもの 
※原則は、当職が必要書類の収集をおこないます。

※ご本人様でしか取得できないものについては、お客様でご用意くださるようお願い申し上げます。

STEP6
文案作成
※お客様のご意思を整理し、当職で文案を作成します。

STEP7
公証人との事前打合せ
※当職が公証人と打合せをおこないます。

STEP8
最終打合せ 
※お客様と文案の最終チェックをおこないます。

STEP9
公証役場にて公正証書遺言作成
※実印を忘れずに持参してください。

当日は、公証人が筆記内容を読み上げ、遺言者と証人がその内容を確認して署名押印します。そして、最後に公証人が署名押印すれば遺言書が完成します。
原本は公証役場に保管されます。
遺言者本人には正本と謄本が交付されます。また余分に謄本が欲しい方は、手数料1枚につき250円で交付されます。 

STEP10
成功報酬金と実費をお支払いください 

群馬終活遺言サポートオフィス
つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治
TEL 027-395-4107 
✉メール相談24h 



お悩み事例ズバッと解決

お悩み 壱
遺言書を作成しようと考えていますが・・・
公正証書遺言と自筆証書遺言どちらにするか迷っています。

ズバッと解決
言書の作り方は3種類あります。

自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3つです。
一般的には、自筆証書遺言と公正証書遺言のどちらかになります。
■自筆証書遺言
自筆証書遺言は、字のごとく自分の手で書く遺言です。費用はかからず手軽に作成できるのが大きなメリットです。しかし、遺言者自身が作成するので遺言の内容が法律要件に適合しているかどうかをご自身で確認しなければなりません。また、保管を自分で行うために、偽造・変造や遺言書が見つからないといったリスクがあります。さらに家庭裁判所の検認を受けなくてはなりません。
これらのリスクを防止するため2019年7月から法務局で自筆証書遺言の保管制度が始まり、遺言書の形式に誤りがないかもチェックしてもらえます。しかし、遺言内容のチェックまではしてもらえないのでこの保管制度を利用してもなお大きなリスクが自筆証書遺言にはあります。
■公正証書遺言

公正証書遺言は、遺言者が伝えた内容を公証人が文書にする遺言のことをいいます。
公証人というプロが作成するので形式不備や遺言内容に誤りが少ないです。さらに原本は公証役場に保管されるので偽造や変造の恐れがありません。それゆえ家庭裁判所の検認手続も不要です。
ただし、ある程度の手間と費用がかかる点がデメリットです。
このようにそれぞれの遺言タイプにはメリット・デメリットがあります。それを考慮してお選びになっていただければと思います。

しかし、遺言の最大の目的は、相続争いの防止、そして、ご自身の最後の意思が実現することにあると思います。それを考慮するならば手間と費用がかかりますが公正証書遺言をおススメします。
群馬公正証書遺言サポートオフィス
つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
TEL 027-395-4107
✉メール相談24時間受付中
お気軽にお問合せください。
初回の相談料は無料です。ご安心ください。

お悩み 弐
先日、公正証書遺言を作成しましたが・・・
作成したことを家族に伝えてもよろしいのでしょうか?
ズバッと解決
結論から申しますと「作成したこと」さらに言えば「作成した内容」を家族に伝えても問題ありませんし、遺言書の正本を渡しても構いません。
遺言書を家族に秘密にするか、公表するかはお客様ご自身の意思の問題になります。
群馬公正証書遺言サポートオフィス
つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
TEL 027-395-4107
✉メール相談24時間受付中
お気軽にお問合せください。
初回の相談料は無料です。ご安心ください。

メール相談

配偶者ビザ・永住申請・帰化申請を専門とする国際行政書士
公正証書遺言のサポートも得意としています
わかりやすい料金システム♪追加料金一切なし!
群馬・埼玉・栃木を中心に全国にビザをお届け!

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月・火・水・木・金

9:00〜19:00
土曜・祝日
9:00~16:00
定休日
日曜日
ー連絡先ー
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107




PAGE TOP