ビザ申請・永住申請・帰化申請
外国人ビザ申請専門
つばくろ国際行政書士事務所

国際結婚の手続

日本人とベトナム人との国際結婚

-日本方式-
日本で国際結婚手続をする場合

技能実習生や留学生、技術・人文知識・国際業務などの就労ビザで日本に在留しているベトナム人と国際結婚する場合、ベトナムに何度も渡航することなく、日本だけで婚姻手続をとることができ、配偶者ビザ申請に必要な結婚証明書を入手することができます。
そのためには、まずは「婚姻要件具備証明書」を入手することから始まります。
「婚姻要件具備証明書」とは、ベトナム人の婚約者が日本で結婚手続を行うにあたってベトナムの法律に基づいて結婚することができる事を証明する書類のことをいいます。
そして、「婚姻要件具備証明書」は在日ベトナム大使館で取得することができます。
では、婚姻要件具備証明書の取得から配偶者ビザを取得するまでの流れを簡単に説明します。

 
STEP1
在日ベトナム大使館で婚姻要件具備証明書を取得
婚姻要件具備証明書を取得するには、以下の書類が必要になります。
◆必要書類 
① 婚姻要件具備証明書の申請書 
 ※在日ベトナム大使館にあります。
② 履歴書 
③ ベトナム人のパスポート
④ 住民票または在留カードのコピー

⑤ 婚姻届出の記録がない証明書
※住所地の市役所で取得します
⑥ 婚姻状況証明書
※日本で留学、就職中であれば、ベトナム在外公館から発行してもらいます。

※結婚のための目的、結婚相手の氏名、旅券番号、国籍、婚姻届予定場所をしっかりと明記。
※有効期間6ヵ月のもの
⑦ 日本人のパスポート
⑧ 日本人の住民票
 
⑨ 現役の技能実習生の場合、労働組合から結婚同意を得なければなりません。

※上記の他にも追加書類を求められるケースがあります。そのため事前に大使館や領事館に確認してください。 
ただし、ベトナム大使館はなかなか電話に出てくれない事を覚悟してください。


婚姻要件具備証明書が取得できましたらSTEP2

外国で移動、留学、就職中であれば、その国にあるベトナム在外公館から自分の婚姻状況確認書を発行してもらわなければなりません。

STEP2
日本の市区町村役場へ婚姻届を提出
主な提出書類は以下のとおりです。
※必要書類については、必ず市区町村役場で事前に確認してください。
① 婚姻届
※証人2人の署名が必要です。

② 婚姻要件具備証明書+和訳文
③ ベトナム人のパスポート
④ 日本人の本人確認資料

 ※運転免許証など
⑤ 戸籍謄本 

婚姻届が受理されましたら
婚姻届受理証明書を入手してください。
婚姻届受理証明書が入手できたらSTEP3へ 

STEP3
在日ベトナム大使館へ結婚を報告
結婚証明書を取得

主な提出書類は以下のとおりになります。
① 婚姻受理証明書 ※ベトナム語訳付き 
② 夫婦のパスポート

↓↓↓
婚姻登録完了 
結婚証明書を入手

STEP4
入国管理局で在留資格の変更手続き

配偶者ビザへの変更手続は
国際結婚&配偶者ビザ群馬ドットコム
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107 

日本人と中国人との国際結婚

<注意点>
日本では、男性は18歳以上、女性は16歳以上になるとと婚姻をすることができます。

しかし、中国では、男性は22歳以上、女性は20歳以上にならないと婚姻することはできません。よって、中国人と結婚する場合は、中国の法律で定める上記婚姻年齢を満たしていなければなりません。

婚姻手続は、日本国内でも中国国内でも行えます。 

ー日本方式ー

日本で婚姻手続をする場合
※結婚証明書は発行されません。
STEP 1 
在日中国大使館で婚姻要件具備証明書を取得 
STEP 2 
市区町村役場で婚姻届を提出 
以下の必要書類を揃えて婚姻届を提出します。
① 婚姻届 
② 日本人の戸籍謄本
③ 婚姻要件具備証明書 
④ 婚姻要件具備証明書の和訳文 
⑤ 中国人の在留カード 
※中国人の方に婚姻歴がある場合は「離婚証明」などが必要になります。「離婚証明」は中国大使館で取得できます。
↓↓↓

※中国では、外国で成立した婚姻を有効な婚姻として認めています。
よって、中国であらためて婚姻の手続をする必要はありません。しかし、中国の戸籍簿には「未婚」のままになっています。相続など後々のことを考えて中国の戸籍簿に「既婚」と登録される手続を行う必要があります。

そのためには、婚姻届が無事受理できましたら婚姻受理証明書を作成してもらってください。
STEP 3 
婚姻受理証明書の認証手続き
日本の外務省と中国大使館でそれぞれ認証手続をおこないます。
STEP 4 
認証を受けた婚姻受理証明書の提出 
認証を受けた証明書を中国人配偶者の戸籍所在地の役所に提出してください。
STEP 5 
入国管理局で在留資格の変更手続き 
※日本方式で婚姻手続をした場合、中国での手続が不要なため、結婚証明書が発行されません。
入国管理局もそのことは十分承知しているかと思いますが、配偶者ビザへの変更手続の際は、提出できない理由をしっかりと説明することが望ましいです。

ー中国方式ー
中国で先に婚姻手続をする場合
STEP 1 
法務局で婚姻要件具備証明書を取得 
※住所地を管轄する法務局で取得してください。
STEP 2 
外務省で婚姻要件具備証明書の認証手続き 
以下の書類を提出してください。
①婚姻要件具備証明書
②日本人のパスポート又は運転免許証
※申請と受領のため外務省へ2回行く事になります。
※代理申請可能です。
STEP 3 
外務省で認証を受けた婚姻要件具備証明書を
今度は駐日中国大使館で認証手続をする

以下の書類を提出します。
①日本人のパスポート
②外務省認証後の婚姻要件具備証明書の写し
※代理申請可能 
STEP 4 
中国での婚姻登記手続き
民政局結婚登記処に行き結婚の申請をします。
必ず2人して登記処に出向いてください。
以下の書類を提出するようです。
① 日本人のパスポート
② 外務省で認証を受けた婚姻要件具備証明書
  ※中国語翻訳文付き
③ 中国大使館で認証を受けた婚姻要件具備証明書
  ※中国語翻訳文付き 
④ 中国人の戸口簿
⑤ 住民身分証明書 
⑥ 中国人のパスポート 
※各所で追加書類を要求されることがあるようです。中国現地に行ってからの入手は大変困難ですので、事前にどんな書類が必要なのか中国人婚約者より聞いておくのがポイントになります。
↓↓↓
登記完了
↓↓↓
結婚証が発行されます。
パスポートサイズの赤い手帳で、夫婦二人の写真が貼られます。前述したように日本方式では発行されません。
STEP 5
 
公正処での手続
「結婚証」を持って以下の書類をもらってください。
結婚公証書
・中国人配偶者の出生公証書
・中国国籍証明公証書

※申し出れば日本語訳を付けてくれます。
STEP 6 
日本の市区町村の役所で手続
婚姻届の提出 
※婚姻届には中国人配偶者の署名は必要ありません。日本人一人でできます。
以下の書類を提出してください。
・婚姻届
・日本人の戸籍謄本
・結婚公証書 ※日本語和訳付き
・出生公証書 ※日本語和訳付き
・国籍証明公証書 ※日本語和訳付き 
STEP 7 
入国管理局で在留資格認定証明書交付申請 

配偶者ビザへの変更手続は
国際結婚&配偶者ビザ群馬ドットコム
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107 

メール相談

配偶者ビザ・永住申請・帰化申請を専門とする国際行政書士
就労ビザのサポートも得意です
わかりやすい料金システム♪追加料金一切なし!
群馬・埼玉・栃木を中心に全国にビザをお届け!
平日営業時間 10:00〜20:00

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月・火・水・木・金

10:00〜20:00
土曜・祝日
10:00~17:00
定休日
日曜日
ー連絡先ー
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107




PAGE TOP