ビザ申請・永住申請・帰化申請など国際業務専門
“つばくろ国際行政書士事務所”

遺言業務

大切なご家族のために、お世話になったあの人のために

まさか私の家族に限って遺産争いなど起こるはずがない
まだまだ遺言の事を考えるには早すぎる
多くの方がそう思っているに違いありません。

しかし・・・
生前、仲の良かった家族でも、ちょっとした感情のもつれから相続トラブルが起こります。また、人は予期せぬ時に亡くなる場合があります。
遺言の目的はいろいろですが、大切な家族を無用なトラブルから守ることこそ遺言の最大の意義です。
このページを今、ご覧になっている皆様は、おそらく「遺言」について少なからずとも興味・関心を抱いているはずです。

どうでしょうか?当事務所にご連絡してみませんか?
相談料は、初回無料です。
<お問い合わせ先>
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107
✉️24時間メール相談

こんなときに遺言が必要

すべての人が遺言をするのが理想ですが・・・

こんな人は是非!遺言をご検討を!!

◉今までどおり妻が今の住居で暮らしていけること
◉今、暮らしている家族の他、前妻との間に子どもがいる

◉相続人の数や財産が多い
◉子どもがいないので、妻だけに財産を残したい
◉内縁の妻がいる
◉相続人以外の方に財産を残したい
◉よく尽くしてくれた息子の嫁に財産をあげたい
◉障害のある子ども将来が心配
◉財産を渡したくない相続人がいる
◉音信不通で疎遠の相続人がいる

◉事業を継ぐ長男に事業用の財産を相続させたい
などなど・・・

<遺言書のメリット>
■大切な家族から相続トラブルを守ります。
そして、大切な家族に相続手続という大きな負担をかけさせません。
 お客様が亡くなると、あなたの相続人全員の話し合いであなたが残した遺産の分け方を決めることになりますが、この話し合いがスムーズに進むとは限りません。
最悪のケースになれば相続人同士の間で紛争に発展することもあります。
このような悲しい争いを防ぐための手段が「遺言」です。
遺産分割の方法を指定しておくことで、家族を相続争いのトラブルから守ることができます。また、遺言書を残しておけば、遺産分割協議をすることなく、相続手続がおこなわれるので、大切な家族に大きな負担や悩みをかけることがありません。
さらに遺言執行者がいればより相続はスムーズに進みます。

■あなたの遺志を反映させることができます。

長年連れ添った妻だけに財産を与えたい、面倒をみてくれた子に多くの財産を与えたい、虐待をした息子には財産を与えたくないなど遺言書があればあなたの遺志を反映させることができます。

■相続人以外の方にも財産を与えることができます。

内縁の妻や息子の嫁、世話になった知人、寄付行為など・・・相続人以外の方にもあなたの遺志を反映することができます。

あなたの「魂」をしっかりと形にして、
未来につなげてみませんか?

<お問い合わせ>
つばくろ国際行政書士事務所
TEL027-395-4107

主な遺言事項

■遺言でできる事項は決められています!
遺言でできることは相続分や遺産分割の指定だけではありません。

以下のようなことが遺言によってすることができます。

【相続分の指定とその委託】
遺言によって法定相続分と異なる相続分を指定することができます。
遺言書に書かれた指定の相続分(指定相続分)は、法定相続分に優先します。つまり、あなたの意思が尊重されます。ただし、いくら意思が尊重されるからといって、自由無制限に通用するわけではありません。法定相続人には遺留分という最低限保障される遺産の取り分があるので注意が必要です。 

【遺産分割の方法の指定とその委託】
誰にどの財産を相続させるかなどを指定できます。

【相続人の排除と廃除の取消し】

相続させたくない相続人を相続の対象から廃除できたり、その廃除の取消しができます。

【遺贈】

相続人や相続人以外の人に財産を遺贈できます。

【遺産分割の禁止】
死後5年以内の期間で遺産の分割を禁止できます。

【特別受益の持戻し免除】
生前贈与を相続分に反映させないことを遺言で指示できます。

【寄付行為】
財団法人の設立を目的とした寄付の意思を表示できます。

【子の認知】
婚姻していない女性との間の子を認知することができる。

料金

当事務所の遺言サポート業務の料金は以下のとおりになっています。

<公正証書遺言作成サポート> 

◎サービス内容
遺言書文案作成 / 相続人調査と戸籍収集 / 相続財産の資料収集 / 公証人との打合せ / 立会い等 
<料金>
80,000円 
※公証人の手数料が別途必要になります。
※実費に関しては、原則10,000円以内であれば当事務所で負担します。
実費の料金が10,000円以上かかった場合は、実費から10,000円を差し引いた額をお客様に負担していただきます。


◎自筆証書遺言作成サポート 30,000円 

◎遺言執行サポート   
「魂」をかけて遺言書を残しても遺言執行ができなければ遺族に財産は渡りません。
相続人を遺言執行人に指定する事は可能ですが、他の相続人ともめてしまう恐れがあります。
それを避けるためには、相続人でない方を遺言執行者に指定おくとトラブルが少なくなります。
当事務所では、「遺言執行者」としての業務を引き受けています。
行政書士には、守秘義務があります。安心して当職にお任せください。
遺言執行サポートの料金は以下のとおりになります。
★相続財産1000万円未満  150,000円

★相続財産1000万円以上  相続財産の3%  

【公証役場に支払う手数料一覧】
◆財産の価額が100万円以下
5,000円
◆財産価額100万円超200万円以下
7,000円 
◆財産価額200万円超500万円以下
11,000円
◆財産価額500万円超1000万円以下
17,000円 
◆財産価額1000万円超3000万円以下
23,000円
◆財産価額3000万円超5000万円以下
29,000円 

<お問い合わせ先>

つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107
✉️24時間メール相談

公正証書遺言作成サポート

お客様の「魂」をしっかりと形にするならば・・・手間と費用はかかりますが・・・
やはり公正証書書遺言をおすすめします!

当事務所では・・・
「遺言書の原案作成」「公証人との打合せ」「必要書類の収集」「立会い証人の手配」など・・・
当事務所がフルサポートしてお客様の手間を省かせていただきます。

【行政書士に公正証書遺言の作成を依頼するメリット】
遺言内容を確実に実現したいならば公正証書遺言がオススメです。
そして、公正証書遺言は、自分一人で直接公証役場に出向いて作成を依頼することも可能です。しかし、以下の面で行政書士に公正証書遺言の作成を依頼するとスムーズにお客様の「魂」を形作ることができます。
◉ 遺言の原案が作ってもらえる
 公正証書遺言は、公証役場に行って、その日にすぐに作ってもらえるわけではありません。公証人と遺言の内容について打合せを繰り返し、遺言の原案を完成させたうえで、作成日に改めて公証役場に行く必要があります。けっこう手間暇かかります。
一方、行政書士に依頼した場合には、行政書士が公証人との打合せをおこないます。遺言の原案は、行政書士がほぼ完成させていますから、公証人との打合せが非常にスピーディーです。
日程の調整も行政書士が代行しますので、依頼者は作成日当日に公証役場へ行けばOKです。

◉必要書類の収集代行
公正証書遺言を作成する際には、戸籍謄本等が必要になります。この戸籍謄本の収集が非常にやっかいです。また、不動産に関する遺言を作るには、固定資産評価証明書や登記事項証明書も用意する必要があります。 
行政書士に依頼した場合には、これらの必要書類の収集も代行してもらえます。行政書士は役所の手続に慣れた専門家ですから、必要書類もスピーディーに揃えることができます。

◉行政書士が事前に内容をチェック
行政書士は、依頼者の希望する遺言の内容だけでなく、遺言作成の背景なども詳しくヒアリングして、遺言の原案を作成します。遺言が相続人の遺留分を侵害していないか、無効となる内容を記載していないか、遺言を作る事が本当に相続対策として有効かどうか公証役場に行く前に事前にチェックすることができます。

◉遺言の証人になってもらえる
公正証書遺言の作成日の当日は、証人2人以上の立会いが必要になります。ご自身で適任者を探す必要がありますが・・・以下の者らは証人になることができません。
・未成年者
・推定相続人、受遺者、これらの配偶者および直系血族
・公証人の配偶者、4親等内の親族、公証役場の書記や使用人 
証人には、遺言の内容が知られることになるので、信頼のおける人に依頼することが大切です。もし知り合いに適当な人物がいない場合は、行政書士などの専門家に依頼する方法もあります。我々には守秘義務もあるので安心です。また、他の証人も手配することができます。

◉遺言執行者になってもらえる 
遺言を作成するとき、遺言執行者を指定しておくと安心です。
遺言執行者とは、その名のとおり、遺言の内容を執行する人です。
遺言執行者がいない場合、遺言は相続人全員が協力して執行しなければなりません。
しかし、遺言執行者は、「相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務」を有するので、例えば、亡くなった人の預金の解約でも、遺言執行者の印鑑や印鑑証明書がだけで手続ができます。
遺言執行者は、未成年者、破産者以外であれば誰でもなることができますが・・・
相続人などの利害関係人を遺言執行者に指定すると、他の相続人が不信感を持ち、やはり手続がスムーズに進まないことが考えられます。
行政書士に遺言作成手続を依頼すると、遺言執行者も任せられるというメリットがあります。

当事務所での・・・
公正証書遺言作成サポートの流れ

STEP 1 面談 
当事務所では、基本的にお客様がご指定する場所へお伺いします。
群馬県内であれば出張料はいただきません。もちろん当事務所へお越しいただいても構いません。お客様の事情や希望等をお聞きします。
STEP 2 契約 
当事務所の公正証書遺言をご利用する場合、契約書にサインをいただきます。なお、その際に着手金をお支払いください。
※契約書を郵送でやりとりする際は、ご指定する口座に着手金をお支払いください。
STEP 3 書類収集 
原則、お客様に代わり当事務所で書類を収集します。
なお、本人でしか取れない書類は、当職で取得できないことをご了承ください。
STEP 4 公正証書遺言の原案作成 
当事務所で遺言書の原案を作成します。作成後、メール又は郵送でお客様宛に送付します。
STEP 5 遺言内容の確認の打合せ
電話等でお客様と遺言内容の打合せを行います。遺言内容が確定しましたら今度は公証人との打合せに入ります。
STEP 6 公証人との打合せ
当職が公証役場へ行き、公証人と遺言内容の打合せをおこないます。公証人が遺言内容を確認して、必要があれば修正を加えます。
STEP 7 最終案の確認 
公証人との打合せ終了後、
最終案を持ってお客様とお会いし、最終案の確認をしていただきます。
STEP 8 日程調整と証人の手配 
公証役場で公正証書遺言に署名する日時の日程調整を当職で行います。
また、証人に心当たりがない場合は、当職で証人を手配することもできます。
STEP 9
公証役場にて公正証書遺言に署名と押印

当日、遺言者本人が公証役場に出向いて、公正証書に署名・押印します。
公証役場に公証人手数料をお支払いください。
STEP 10 当事務所へのお支払い
当事務所へ報酬残金と実費をお支払いください。

メール相談

つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
行政書士 五十嵐 崇治


お問合せは・・・

TEL027-395-4107
または・・・✉メール相談
お気軽にお問合せください!Please feel free to enquire! 欢迎你随时联系咨询!

外国人ビザ申請・永住申請、帰化申請を専門とする国際行政書士事務所
書類の作成・書類の収集・入管への申請・法務局同行など完全フルサポート。
交通費・日当・実費など追加料金いっさいなし!!
土曜・祝日も営業中!!全国対応可!!

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月・火・水・木・金

10:00〜20:00
土曜・日曜・祝日
10:00~17:00
定休日
第1曜日・第3日曜日
第5週目にあたる日にち

ー連絡先ー
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107



PAGE TOP