ビザ申請・永住申請・帰化申請など国際業務専門
“つばくろ国際行政書士事務所”

古物商許可申請

古物商許可とは?

古物商や中古車販売店、中古のゲームソフト販売、中古本などなど・・・
一度使用された物品のことを古物といいますが・・・
これらの売買・交換・レンタルを業として行うことを古物営業といいます。

そして、古物営業を行うためには、営業所が所在する都道府県ごとに都道府県公安委員会の許可を受けなければなりません
つまり、古物商許可証がなければ古物営業はできませんということです。

そもそも古物の売買には、その性質上、盗品等の犯罪被害にあった品物が混入する可能性があります。これを防止するため古物営業法ができました。
【古物営業法1条】
この法律は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もって窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的とする。

~古物商許可証が必要な場合~
① 古物を買い取ってそれを販売する。
② 古物市場を経営する。
③ 古物を別の物と交換する。
④ 古物を買い取ってそれをレンタルする。
⑤ 上記のようなことをインターネットを使っておこなう。
※自分で使っていた物を売る行為については古物商許可証は不要です。

そして「古物」は13の品目に分けることができ、これらを買い取って販売したり、レンタルしたりすることを業とするときは「古物商許可証」が必要になります。

~古物13品目~
1.美術品 
 ※絵画、書道、彫刻、工芸品、登録日本刀など 

2.衣類 
 ※着物、洋服、その他の衣料品、布団、帽子など
3.時計や宝飾品類 
4.自動車 

 ※その部品も含みます。タイヤ、バンパー、サイドミラーなど
5.バイクや原付
6.自転車
7.写真機類 
8.事務機器類
9.機械工具類
 ※家庭用ゲーム機や携帯電話なども含まれます。

10. 道具類 
 ※家具、楽器、ゲームソフト、トレーディングカード、DVDなど
11. 皮革・ゴム製品類
 ※鞄、バッグ、靴、毛皮類、レザー製品
12. 書籍(本)
13. 金券類 

もし・・・許可をとらずに営業をすると・・・
3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられますので要注意です。
【注意点】
□ 個人で古物商許可を受けていた者が、法人営業となるときは、新たに法人として古物商許可を受けなければなりません。
□ 古物商許可のある法人が分割等で別法人となった場合は、新たな許可を取らなければなりません。

古物商許可申請サポート
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107 
✉お問合せフォーム

お気軽にお問合せ下さい

料金表

当事務所の料金体系は以下のとおりです。

基本報酬 + 出張手当※ + 実費 

※出張手当に関しては、群馬県内であれば無料です。

<料金表>
業務名 基本報酬(税抜価格)
古物商許可申請

個人の場合 35,000円 
法人の場合 45,000円 ※役員が1~4名の場合
      58,000円 ※役員が5名以上の場合 
古物商変更届出・書換申請 20,000円 
※書換申請がある場合・・・10,000円追加
行商従業者証作成 5,000円 ※1人あたり
3,500円 ※2名以上の注文 1人あたり

古物商許可申請サポート
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107 
✉お問合せフォーム

お気軽にお問合せ下さい

古物営業法4条|許可の基準

以下に該当する人は、古物商許可を受けられません。
1.破産者で復権を得ないもの 

2.犯罪者 
※禁錮以上の刑に処せられたもの(道路交通法違反も含む) 
※古物営業法のうち、無許可、名義貸し、営業停止命令違反で罰金刑が確定してから5年を経過しない者
※刑の執行が終了してから5年が経過しない者 

3.集団的に、又は常習的に暴力的不法行為その他の罪に当たる違法な行為で国家公安委員会規則で定めるものを行うおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者

4.暴力団員または暴力団でなくなった日から5年を経過しない者
 暴力団以外の犯罪組織の構成員で、集団的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある者
 暴力団員による不当な行為等に関する法律により公安委員会から命令又は指示を受けてから3年を経過しない者

5.住居の定まらない者 

6.古物営業法24条の規定によりその古物営業の許可を取り消され、古物営業の許可を取り消されてから5年を経過しない者

7.古物営業法24条の規定による許可の取消しに係る聴聞の期日および場所が公示された日から当該取消しをする日又は当該取消しをしないことを決定する日までの間に許可証を返納した者で、当該返納の日から起算して5年を経過しないもの

8.営業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者

9.営業所又は古物市場ごとに、業務を適正に実施するための管理者として認められない者

10. 法人で、その役員のうちに上記の1から7までのいずれかに該当する者があるもの

古物営業法5条|許可の手続及び許可証

古物営業許可を受けようとする者は、公安委員会に、許可申請書と必要書類を添付しなければならない。

ー必要書類(法人の場合)ー
□ 古物商許可申請書 
□ 定款の写し 
□ 登記事項証明書 
□ 略歴書 
  ※最終学歴と最近5年間の略歴を記載したもの 
  ※役員全員分提出する必要があります。
□ 住民票の写し 
  ※本籍が記載されているもの 
  ※外国人にあっては国籍が記載されているもの
□ 身分証明書 
 ※成年被後見人、被保佐人及び従前の例によることとされる準禁治産者で復権を得ないものに該当していないことを証明するもの
□ 誓約書(法人役員用)
 ※古物営業法4条の欠格事由に該当しないことを誓約するもの
 ※役員全員分が必要となります。
□ 誓約書(管理者用)
□ URL関係資料 
 ※ホームページ利用取引をする場合に必要となります。
 ※URLを使用する権限のあることを疎明する資料 
  「プロバイダー名」「使用者名」「使用するURL」が記載されている「契約書」「設定通知書」など

□ 土地建物関係資料 
 ※登記簿謄本・固定資産税通知書等
 ※本人所有以外の場合は、使用承諾書 

〇 許可は申請日から約40日くらいかかります。

許可証の交付を受けた者は、許可証を失くしたときは、速やかにその旨を公安委員会に届け出て、許可証の再交付を受けなければなりません。

古物商許可申請サポート
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107 
✉お問合せフォーム

お気軽にお問合せ下さい

古物営業法6条|許可の取消し

次に掲げるいずれかの事実が判明したときは、古物商許可が取り消されます
【1】偽りその他不正の手段により許可を受けたこと

【2】4条に掲げる欠格事由のいずれかに該当していること
【3】許可を受けてから6ヵ月以内に営業を開始せず、又は引き続き6ヵ月以上営業を休止し、現に営業を営んでいないこと

公安委員会は、許可を受けた者の営業所もしくは古物市場の所在地を確知できないとき、又は当該者の所在を確知できないときは、その事実を公告し、その公告の日から30日を経過しても当該者から申出がないときは、その許可を取り消すことができます。

古物営業法7条|変更の届出

■どのような時に変更届が必要になるのか・・・?

許可申請書に記載した事項に変更があったときには、公安委員会に届出をする義務があります。

変更届出には、「事前届出」と「事後届出」の2つの種類があります。

<事前届出について>
【事前届出が必要な変更事項】
□ 営業所の名称
□ 所在地の変更
□ 営業所の新設・廃止
□ 「主たる営業所」と「その他の営業所」の区別の変更 
【変更届出書の届出期限】
変更する日の3日前にまでに届出をする必要があります。

<事後届出について>
【事前届出が必要な変更事項】
□ 個人営業者の住所、姓名の変更
□ 法人の名称、所在地の変更
□ 法人の代表者、役員の変更
 ※代表者、役員の住所、姓名の変更を含む 
□ 営業所の管理者の変更 
 ※管理者の住所、姓名の変更を含む
□ 行商の「する・しない」の変更 
□ 取扱う古物の区分の変更 
□ ホームページ利用取引のためのURLの届出
□ ホームページの閉鎖
□ 届出しているURLの変更 など
【変更届出書の届出期限】
当該変更から14日以内に届出をする必要があります。 
※登記事項証明書を添付する必要がある場合は20日以内に届出
【書換申請】
届出書を提出する場合において、「営業者の氏名又は名称」「営業所の住所又は居所」「法人の代表者の住所や氏名」「行商をするか否か」が変更になる場合は、許可証の書換申請が必要になります。

<罰則>
変更届出書を提出しなかった者は、10万円以下の罰金となります。

古物営業法11条|許可証等の携帯義務 

【古物営業法11条1項】
古物商は、行商をし、又は競り売りをするときは、許可証を携帯していなければならない。

※行商とは・・・古物商やその従業員が、営業所以外の場所で古物の売買等を行うことをいいます。
例えば・・・取引相手の住居等に訪問して取引を行う場合、フリーマーケットや仮設店舗で出店して販売する行為などを行商といいます。

古物商本人が行商を行うときは「古物商許可証」を携帯しなければなりません。そして・・・取引の相手から許可証の提示を求められた場合は、それを提示しなければなりません。
もし・・・携帯せず、提示できなかった場合は、10万円以下の罰金となります。

【古物営業法11条2項】
古物商は、自己の従業者に行商をさせるときは、これらの者に、行商従業者証を携帯させなければならない。

そして・・・取引の相手から行商従業者証の提示を求められた場合は、それを提示しなければなりません。
もし・・・携帯せず、提示できなかった場合は、10万円以下の罰金となります。

<行商従業者証はどこで手に入れる???>
行商従業者証は、申請するものではありません。
古物営業法施行規則の様式に則って作成します。

当事務所では「行商従業者証作成サービス」を行っています!

【行商従業者証作成サービス」
料金 1人あたり・・・5,000円 

2人以上の注文であれば、1人あたり3,500円!! 

行商従業者証作成をご依頼いただく場合は、以下の手順でお願いします。

STEP1 お問合せ 
電話またはメールでご連絡ください。 
ーお問合せ先ー
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107 
✉お問合せフォーム(メール受付)

STEP2 以下のデータをメールしてください。
    □ 従業者の氏名と生年月日
    □ 従業者の写真 
     ※サイズの調整はこちらでおこないます。 
     ※履歴書に貼付するような無背景・無帽の証明写真
     ※スマホなどで撮影したものでかまいません。 

STEP3 完成後、ご連絡します。その後、速やかに入金してください。

STEP4 入金確認後、行商従業者証を郵送します。

インターネット利用取引について

自分でホームページを開設したり、オークションサイトに登録してページの割当を受けた場合・・・
そのURLを届出しなければなりません
また、届出をしたURLが変更になったり、新しいURLを増やしたり、減らした場合もその都度、届出が必要になります

URLを届出した後・・・
インターネット利用取引を行うホームページには、以下の3点をトップページに掲載してください。
□ 許可をした公安委員会の名称
□ 12桁の許可番号
□ 個人許可は個人名、法人許可は正式な会社名 

お問合せフォーム

格安ビザ更新代行キャンペーン実施中<12,000円から>
つばくろ国際行政書士事務所

〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
行政書士 五十嵐 崇治


お問合せは・・・

TEL027-395-4107
または・・・✉お問合せフォーム

全国どこでも対応します!

お気軽にお問合せください!Please feel free to enquire ! 请随意咨询!

★★★営業時間★★★
月・火・水・木・土
10:00~20:00
金曜日のみ
10:00~15:00

ー定休日ー
日曜日・祝日・毎月15日

群馬・埼玉の終活サポートオフィス|相続・遺言・墓じまいのページ

当事務所は・・・就労ビザや配偶者ビザ等・・・外国人のビザ申請・永住許可申請、帰化申請を専門とする国際行政書士事務所です。
群馬・埼玉・栃木・東京を中心に全国を駆けめぐり、皆様にビザをお届けします!
土曜日も営業しています。無料出張相談もしています。ゆったりとした気持ちでご相談ください。
―営業時間―
月・火・水・木・土
10:00~20:00
金曜日のみ
10:00~15:00
―お問合せ先― 
TEL 027-395-4107

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月・火・水・木・土

10:00〜20:00
金曜日のみ
10:00~15:00

定休日
日曜日・祝日・毎月15日



ー連絡先ー
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107



PAGE TOP