就労ビザ・配偶者ビザ・帰化申請専門の国際行政書士
“つばくろ国際行政書士事務所”

帰化申請の必要書類

帰化申請の必要書類

帰化申請には・・・必要な書類として自ら作成する申請書類や、添付書類として役所や領事館などで取得する書類が数多く定められています。
尚、個人の状況に応じて下記以外の書類提出を要求される場合もあります。

<帰化申請の書類を作成するときの一般的な注意事項>
1.提出する書類は原則2通とし、1通は原本を、もう1通は写しを法務局へ提出します。

2.外国語で書かれている書類には、翻訳文を付けます。
 ※翻訳文はA4の用紙で全文翻訳してください。そして、翻訳者の住所、氏名、翻訳日を記載してください。
 ※翻訳者は、正確に翻訳できる人であればどなたでも結構です。当然お客様ご自身でもOKです。

3.提出する書類には、嘘偽りなく事実をありのままに記載してください。

4.パスポートや運転免許証など原本を提出できないものについてはコピーを2部提出します。
 ※提出するのはコピーですが、提出時には原本も持参してください。

5.提出する書類は人によって異なります。
 法務局の担当者の指示に従ってください。当事務所では法務局に私が同行しますのでご安心ください。

必要書類一覧

① 帰化許可申請書 
 ※写真は申請前6ヵ月以内に撮影した5cm×5cmの単身、無帽、正面上半身のものを貼ってください。
 ※帰化しようとする人が15歳未満の場合には、法定代理人と一緒に撮影した写真を貼ってください。

② 親族の概要を記載した書面 
 記載する親族の範囲は・・・
 【申請人の配偶者および子】【申請人の両親】【申請人の兄弟姉妹】【離婚した前夫または前妻ならびにその間にできた子】【配偶者の両親】【内縁の夫または妻】【婚約者】【結婚予定の人】
 これらの人には、死亡者も記載してください。
【日本在住の親族】と【海外在住の親族】と用紙を分けて作成します。

③ 帰化の動機書 
 申請者ごとに申請人本人が自筆します。※パソコンは不可です。
 ※15歳未満の方は免除されているため必要ありません。
 ※動機書は単に帰化の動機についての審査のためだけではなく、日本語の記述能力も審査されています。
 <例文> 
 私は、中国の●●で1970年に生まれ、24歳の時に来日しました。東京で日本語を学んだ後、中国の親戚より資金を援助してもらい、会社を設立し、中国料理店を経営しています。現在でも順調に会社経営を行っています・・・・・すでに10年以上日本で生活し、生活の基盤は日本以外に考えられません・・・・・以上、どうかよろしくお願い申し上げます。

④ 履歴書 
 申請人ごとに記載し、【その1】【その2】と2種類あります。
 【その1】
 出生から居住歴、学歴、職歴、身分関係を空白期間が無いように日付順に記載します。
 【その2】
 出入国歴、技能、資格、賞罰を記載します。

⑤ 卒業証明書・在学証明書・成績証明書 

⑥ 技能・資格を証する書面 

⑦ 宣誓書 
 ※15歳未満であれば提出する必要はありません。
 ※事前準備して持参する書類ではなく、申請受付の際、担当官の前で自筆で署名します。

⑧ 生計の概要を記載した書面 
 ※申請時の前月分について作成します。したがって、申請日が確定した段階で作成するのがよいでしょう。

⑨ 在勤および給与証明書 
 ※申請者や申請者と生計を同じくする親族が、給与などの収入を得ている場合は全員分必要です。
 ※当事務所がフォーマットをお渡しします。

⑩ 事業の概要を記載した書面
 ※申請人が、事業主または申請人と生計を一にする親族が営業主の場合に作成します。 
 ※「確定申告書の控え」「決算報告書(貸借対照表と損益計算書)の写し」「土地・建物登記登記事項証明書」
  「営業許可証の写し」「会社の登記事項証明書」

⑪ 住民票の写し 
 ※プレミアムプランでは、私が代理で取得させていただきます。

⑫ 在留歴を証明する書類 
 ※履歴書作成の情報として必要になります。
 ※プレミアムプランでは、私が外国人登録原票と出入国記録を申請し取得手続をします。
 「閉鎖外国人登録現票の写し」「外国人登録原票」「出入国記録」

⑬ 国籍を証明する書類 
 ※お客様の方で取得します。
 「国籍証明書」
 「戸籍謄本」・・・韓国の場合は「家族関係登録証明書」
          台湾の場合は「戸籍抄本」を本国から取り寄せます。
          このとき、郵送されてきた封筒も添付が必要です。
 「国籍の離脱または喪失証明書」
 「旅券(パスポート)」 
  ※所持している全てのパスポートのコピーを提出してください。

⑭ 親族関係を証明する書類 
 ※お客様の方で取得します。
 ※韓国籍の方でプレミアムプランをお選びいただいた方の場合は・・・私が代理で取得します。

⑮ 納税を証明する書類 
 ※プレミアムプランでは、本人のみ取得可能なものを除き、代理取得できる書類は私が代理して取得してきます。

⑯ 自宅付近や勤務先付近の略図 

⑰ スナップ写真 

⑱ その他
 □ 過去5年間の運転記録証明書(自動車運転免許証を持っている人のみ)
 □ 表彰状や感謝状(持っている人のみ)
 □ 診断書または母子手帳(妊娠中の人のみ)
 □ その他 

お問合せフォーム

群馬・埼玉・栃木中心に全国対応
配偶者ビザ等のビザ申請・永住許可申請・帰化申請を相談するなら・・・

つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
行政書士 五十嵐 崇治


お問合せは・・・

TEL027-395-4107
または・・・お問合せフォーム

群馬・埼玉・栃木を中心に全国どこでも!

ZOOM対応可!! 

お気軽にお問合せください!Please feel free to enquire ! 请随意咨询!

★★★営業時間★★★
月・火・水・木・土
9:00~19:00 
金曜日のみ 
9:00~15:00
ー定休日ー
日曜日・祝日 

オンライン相談全国展開中!
みなさまのビザ申請や帰化申請をリーズナブルな費用でサポートします♪ 
つばくろ国際行政書士事務所は・・・
配偶者ビザ・定住者ビザ・就労ビザ・永住等のビザ申請、経営管理ビザと会社設立、帰化申請を専門とする群馬県で数少ない国際行政書士事務所です。
群馬・埼玉・栃木を中心に全国を駆け巡り、皆様にビザをお届けします!
土曜日も営業しています。ゆったりとした気持ちでご相談ください。

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月・火・水・木・土

9:00〜19:00

9:00~15:00

定休日
日曜日・祝日



PAGE TOP