ビザ申請 永住申請 帰化申請
群馬ビザ申請サポート
つばくろ国際行政書士事務所

ベトナム領事認証代行

ベトナム領事認証代行


北関東にお住まいの方や企業様

北海道・東北・北陸地方にお住まいの方や企業様
ベトナムや中国の領事認証をする上で
以下のようなお悩みがありませんか?
□ 領事認証の手続方法がそもそもわからない
□ 公証役場・法務局・外務省・大使館の4カ所に行くのは面倒だ

□ 遠方なので大使館へ行くと費用と時間がかかってしまう
□ 大使館に連絡しても繋がらない・・・
□ 郵送で領事認証をすることに抵抗がある・・・

すべて当職にお任せください!
公証人の認証から大使館での領事認証をワンストップでおこないます!!


行政書士 五十嵐崇治 Igarashi Takaharu

ベトナム語・中国語の翻訳可能
※別途翻訳料金がかかります

ベトナム&中国の領事認証専門
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107
✉️お問合せフォーム

領事認証代行サービスの料金

領事認証申請代行
料金33,000円(税込36,300) 
※上記の他に公証役場での手数料、大使館手数料がかかります。
※認証が必要な書類が4通以上ある場合は、弊所料金は4通目以降1通あたり2,000円加算させていただきます。

ーサービス内容ー
① 申請代行 
公証役場→法務局→外務省→大使館での手続きをワンストップで当職がおこないます。
② 委任状の作成
※公証役場に提出する委任状の作成を当職でおこないます。
③ 宣誓書の作成
※私文書に添付する宣誓書の作成を当職でおこないます。
④ 申請書作成代行
※領事認証の申請書を当職が作成します。
⑤ 書類の返送 
※レターパックで返送します。

<公証役場の手数料について>
私文書認証の手数料は以下のとおりです。
私文書の認証=5,500円/通
※外国文の場合は、6,000円/通が加算されます。
<ベトナム大使館の認証代金について>

1通=5,000円

例えば、健康診断書・公証人の証明・無犯罪証明書の3部を領事認証する場合は、15,000円かかります。 
※ベトナム大使館では、外務省の公印確認を取得した書類で、領事認証を取得する書類のベトナム語翻訳を有料でおこなっています。これを翻訳公証と言いますが、この場合、1ページあたり5,000円の費用がかかります。
<中国大使館の認証代金について>
民事認証(普通) 1通=5,200円 
商事認証(普通) 1通=8,850円 
中国の領事認証は、認証する文書の使用目的によって民事認証と商事認証があり、手数料が異なります。
民事認証
主に個人の身分に関する公文書を認証する場合は民事認証となります。
商事認証
ビジネス目的で使用する文書を認証する場合は商事認証となります。

<翻訳料金>
当事務所ではベトナム語・中国語・英語の翻訳を承ります。
その場合の料金は以下のとおりです。
A4サイズ1枚・・・4,400円(税込) 

ベトナム&中国の領事認証専門
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107
✉️お問合せフォーム

お客様の声

北海道在住のUKさんより

この度、ベトナムでの就業許可証が必要になり、ベトナム大使館での領事認証をご依頼させていただきました。

当方、遠方に在住しており、ベトナム大使館へ行く時間もなく、煩雑な手続であり、行政書士にとってあまりおいしい仕事ではないと思いましたが、つばくろ国際行政書士事務所に快くご依頼を引き受けていただき感謝しております。

領事認証とは?

日本で発行された公的書類をベトナム・中国で使用する場合、ベトナムや中国の方々にとって、その書類が本当に日本の公的機関が発行したものかどうか判断することは非常に難しいことです。
そこで日本の外務省が「その公文書は本物ですよ」と証明するため公印確認をおこない、さらに駐日大使館でもそれを認証すれば、事務手続きはスムーズに進みます。
この駐日大使館での認証を「領事認証」といいます。
さらに私文書の場合には、公印確認・領事認証の手続きの前に公証人の認証も必要になります。
つまり、ベトナムや中国に書類を送る場合は、以下のような流れをとります。
<公文書を提出する場合>
STEP1
外務省で公印確認
↓↓↓
STEP2
駐日大使館で領事認証申請
↓↓↓
領事認証取得 
<私文書を提出する場合>
STEP1
公証人の認証取得
場所:公証役場
↓↓↓
STEP2
法務局長の公証人押印証明を取得
場所:地方法務局
↓↓↓
STEP3
外務省で公印確認
↓↓↓
STEP4
駐日大使館で領事認証申請
↓↓↓
領事認証取得 
※群馬・埼玉・栃木・長野・新潟・茨城・千葉の7県ではSTEP1とSTEP2を公証役場で同時にできます。
※東京や神奈川、静岡であれば、STEP1~STEP3を公証役場でワンストップにできます。
当事務所に依頼いただければ、
STEP1〜STEP4まではワンストップでおこないます。

手続きの流れ

あるお客様の例を挙げて実際の手続きをみていきましょう
STEP1 お問合せ
 
Aさんから問い合わせがありました。
Aさんは、ベトナムで仕事をするためワークパミット(労働許可証)を取得しなければなりませんでした。

そこで以下の書類をベトナム本国に送りたいとのことです。
①無犯罪歴証明書
②健康診断書
③某私立大学の卒業証明書
④前勤務先の在職証明書
⑤資格の合格証明書 
⑥パスポートの写し
①無犯罪歴証明書は、警察署が発行するので公証人の認証は必要ありません。
②健康診断書も国立病院で受診するのであれば公証人の認証は必要ありません。
③〜⑤に関しては、私文書にあたるので外務省の公印確認の前に公証人の認証が必要になります。
⑥パスポートの写しは、外務省の公印確認は直接できないので公証人に認証してもらう。

STEP2 必要書類のご案内
当事務所で以下の書類をAさんに送ります。
・必要書類一覧表
・委任状
・宣誓書
・ベトナム大使館領事認証の申込書
・請求書
 ※当事務所は前払い制になっています。
・返信用のレターパック

STEP3 書類の送付 
Aさんは、以下の書類を弊所に送付します。
・サインした委任状
・サインした宣誓書
・印鑑証明書
・ベトナム大使館領事認証の申込書
・認証する文書

STEP4 費用のお支払い 
料金の入金が確認できましたら次のステップへ進みます。

STEP5 公証役場へ
書類をチェックし、問題がなければ公証役場で認証手続きをおこなってきます。
弊所では、東京で全ての手続きをおこなうので、外務省の公印確認も公証役場でワンストップで済ませます。

STEP6 ベトナム大使館で領事認証 
公証役場での手続きが終了したら、その日のうちにベトナム大使館で領事認証をおこないます。

STEP7 認証済み書類の発送 
認証済み文書が交付された翌日、レターパックで発送します。
なお、追加料金が発生してしまった場合は、追徴分の請求書も同封させていただきます。恐縮ですが1週間以内にお支払いくださるようお願い申し上げます。

アポスティーユとは

上記のようにベトナムや中国などに公文書や私文書を送り、それを有効なものにするためには駐日大使館の領事認証が必要になることが分かったかと思います。それでは、どんな国に対しても公文書や私文書を送るには、大使館の領事認証が必要になるのでしょうか?
上記でも説明したように領事認証はとても手続が煩雑です。この煩雑さを少しでもやわらげるために外国公文書に関する認証を不要とするハーグ条約が多国間で締結されました。この条約を締結した国では、大使館での領事認証が不要となり、それに代えて発行国政府の作成する一定様式の証明書であるアポスティーユ(Apostille)の付与のみで足りることとなりました。
これによりハーグ条約に加盟している国に対して日本の公文書を提出する際は、大使館の領事認証を受ける必要はなく、日本外務省のアポスティーユが付与されていれば、そのまま相手国に提出できます。

■主なハーグ条約加盟国は以下のとおりです。
アメリカ・アルゼンチン・イギリス・イスラエル・イタリア・インド・ウクライナ・ウルグアイ・オーストラリア・オランダ・ギリシャ・ジョージア・スイス・スウェーデン・スペイン・スロバキア・韓国・チェコ・ドイツ・ドミニカ・トルコ・日本・ニュージーランド・フィリピン・ブラジル・フランス・ベルギー・ポーランド・メキシコ・モンゴル・ロシアなど

つまり、ベトナムや中国は、ハーグ条約の加盟国ではないので大使館の領事認証が必要になるということです。

アポスティーユの手続きの流れ

<公文書を提出する場合>
外務省に直接公文書を持参または郵送でアポスティーユを取得します。
STEP1 
外務省でアポスティーユ申請
↓↓↓
アポスティーユ取得
※日本語の書類をそのまま外国へ提出しても読めないことが多いので、ほとんどの場合は翻訳した書類を添付します。そうなると翻訳文は私文書にあたるので次のケースに沿って手続を進めます。
<私文書を提出する場合>
まずは公証役場で対象文書に宣誓書を添付して認証を受けるところからスタートです。
STEP1
公証役場で公証人の認証取得
※公文書の翻訳を添付して認証を受けるケースも公証人の認証を受けるところからスタートします。
↓↓↓
STEP2
地方法務局で法務局長の公証人押印証明を取得
↓↓↓
STEP3
外務省でアポスティーユ申請
↓↓↓
アポスティーユ取得 
※群馬・埼玉・栃木・長野・新潟・茨城・千葉の7県ではSTEP1とSTEP2を公証役場で同時にできます。
※東京や神奈川、静岡であれば、STEP1~STEP3を公証役場でワンストップにできます。

つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107


お問合せフォーム

つばくろ国際行政書士事務所
行政書士 五十嵐崇治
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
高崎インターチェンジから車で5分
ー取扱業務ー
■国際業務部門
在留資格認定証明書交付申請 / 在留資格変更許可申請 / 在留期間更新許可申請
永住許可申請 / 帰化許可申請 / 在留特別許可申請
■法人設立&許認可部門
一般社団法人設立サポート / 株式会社設立サポート
建設業許可申請 / 古物業許可申請  
■終活部門
公正証書遺言作成サポート / 死後事務委任契約書作成サポート

配偶者ビザ・永住申請・帰化申請を専門とする国際行政書士
就労ビザ(技人国・特定技能)も勿論サポート
群馬・栃木・埼玉を中心に全国対応
選べる料金プラン&スピード申請

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月曜日〜日曜日

10:00〜18:00
ーお問合せ先ー
つばくろ国際行政書士事務所
<無料相談受付中>

✉️お問合せフォーム
TEL 027-395-4107

<休業案内>
5月17日(火)


PAGE TOP