ビザ申請・永住申請・帰化申請など国際業務専門
“つばくろ国際行政書士事務所”

在留資格取得許可

在留資格取得許可とは?

日本に在留している外国人夫婦の間に子どもが生まれた場合・・・
その子どもの在留資格はどうなるのでしょうか?
もし・・・その子どもが生まれてから60日を超えて日本に在留しようとする場合、在留資格取得許可申請をしなければなりません。

【入管法22条の2第1項(在留資格の取得)】

① 日本の国籍を離脱した者又は出生その他の事由により上陸手続を経ることなく本邦に在留することとなる外国人は、在留資格の規定にかかわらず、それぞれ日本の国籍を離脱した日又は出生その他当該事由が生じた日から60日を限り、引き続き在留資格を有することなく本邦に在留することができる。
【1】日本の国籍を離脱した者 
   ※例=元日本人
【2】外国人として日本で生まれた者 
   ※例=外国人夫婦の間に生まれた子 
   ※例=日本人の父に認知されないで生まれた外国人の子
【3】その他の事由で日本に住むことになった者
   ※例=日本に在留しているアメリカ軍に所属している方が、退役などでその身分を失った際に引き続き日本に在留する場合
★つまり【1】~【3】に該当する者は、在留資格がなくても60日以内であれば日本に在留することができます。

しかし・・・
【入管法22条の2第2項(在留資格の取得)】
② 前項の規定する外国人で60日を超えて日本に在留しようとするものは、日本の国籍を離脱した日又は出生その他当該事由が生じた日から30日以内に、法務省令で定めるところにより、法務大臣に対し在留資格の取得を申請しなければならない。
つまり・・・
上の【1】~【3】に該当する者でその事由が生じた日から60日以上日本に在留しようとする場合には・・・その事由が生じた日から30日以内在留資格取得許可申請をしなければなりません。

在留資格取得許可により付与される在留資格

日本在留中に子どもが生まれた場合・・・
引き続き60日を超えて日本に在留する場合は、30日以内に在留資格取得許可申請をしなければなりませんが・・・
その子の在留資格はどうなるのでしょうか・・・?
この場合、父又は母の在留資格に照らして定まる場合は、父又は母がもつ在留資格を許可するか、または、その子にとって有利であると認められる在留資格が決定されます。

例1 
父親が「技術・人文知識・国際業務」の在留資格で、母親が「家族滞在」の在留資格の場合、子どもの在留資格は「家族滞在」になります。

例2
両親のどちらかが「永住者」の在留資格の場合、子どもの在留資格も「永住者」となります。しかし、30日を超えて在留資格取得許可をした場合、原則として「永住者」の取得が許可されず、「永住者の配偶者等」しか付与されませんので注意が必要です。 

お問合せフォーム

格安ビザ更新代行キャンペーン実施中<12,000円から>
つばくろ国際行政書士事務所

〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
行政書士 五十嵐 崇治


お問合せは・・・

TEL027-395-4107
または・・・✉お問合せフォーム

全国どこでも対応します!

お気軽にお問合せください!Please feel free to enquire ! 请随意咨询!

★★★営業時間★★★
月・火・水・木・土
10:00~20:00
金曜日のみ
10:00~15:00

ー定休日ー
日曜日・祝日・毎月15日

群馬・埼玉の終活サポートオフィス|相続・遺言・墓じまいのページ

当事務所は・・・就労ビザや配偶者ビザ等・・・外国人のビザ申請・永住許可申請、帰化申請を専門とする国際行政書士事務所です。
群馬・埼玉・栃木・東京を中心に全国を駆けめぐり、皆様にビザをお届けします!
土曜日も営業しています。無料出張相談もしています。ゆったりとした気持ちでご相談ください。
―営業時間―
月・火・水・木・土
10:00~20:00
金曜日のみ
10:00~15:00
―お問合せ先― 
TEL 027-395-4107

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月・火・水・木・土

10:00〜20:00
金曜日のみ
10:00~15:00

定休日
日曜日・祝日・毎月15日



ー連絡先ー
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107



PAGE TOP