就労ビザ・結婚ビザ・帰化申請専門の国際行政書士
“つばくろ国際行政書士事務所”

日本人の配偶者等

日本人の配偶者等 Spouse of Child of Japanese Nationals

国境(こっきょう)を越えた愛
それを大切に育んで実らせた国際結婚
ただ・・・それだけでは愛する人と日本で生活することはできません。
日本人と結婚し、日本で生活するためには在留資格日本人の配偶者等いわゆる結婚ビザまたは配偶者ビザを取らなければなりません。

このページでは、日本人の配偶者等を簡単に説明します。
This page briefly explains ''Spouse or Child of Japanese Nationals''

日本人の配偶者等とは???

日本人の配偶者日本人の特別養子または日本人の子として出生した者を受け入れるために設けられたものです。
Spouse or Child of Japanese Nationals is ''status of residence'' for Japanese spouse, Japanese special adoption, those who were born as Japanese children.

この在留資格は、結婚ビザや配偶者ビザと呼ばれるものです。
This status of residence is called Marriage VISA or Spouse VISA.


【日本人の配偶者等の在留資格を認めてもらうためには?】
次のいずれかの条件を満たす必要があります。
日本人の配偶者の身分を有する者
日本人の特別養子の身分を有する者
日本人の子として出生した者の身分を有する者 

日本人の配偶者の身分を有する者とは?

◇ 現に婚姻中の者をいい、相手方の配偶者が死亡した者や離婚した者は含まれません。
◇ 配偶者として在留が認められるためには、双方の国籍国において法的に夫婦関係である必要があります。
◇ 法律上の婚姻関係が成立していても、同居して互いに協力し、社会通念上、夫婦の共同生活を営むという婚姻の実体がない場合は、日本人の配偶者としての活動を行っているものとはいえず、在留資格の該当性は認められません
 ※社会通念上の夫婦の共同生活を営むためには、合理的な理由がない限り、同居していることが必要です。
  ただし・・・各夫婦間には、様々な事情や背景があり、同居していない、別居しているとの一言をもって決せられない難しさがあることも事実です。
◎ ポイント!
 婚姻の実体を有していることが絶対条件!偽装結婚はダメです!!

日本人の特別養子の身分を有する者とは?

◇ 民法の特別養子縁組の規定に基づいて家庭裁判所の審判により成立し、生みの親との身分関係を切り離し、養父母との間に実の子とほぼ同様な関係が成立します。
 ◎ポイント! 
  法律上の特別養子の身分を有していることが必要です! 

日本人の子として出生した者の身分を有する者

日本人の実子のことをいいます。
 この実子には、嫡出子はもちろん認知された非嫡出子も含まれますが、養子は含まれません。
◇日本人の実子とは???
 ・出生したときに父または母のいずれかの一方が日本国籍を有していた場合 
 ・本人が生まれる前に父が死亡しており、その父が死亡の時に日本国籍を有していた場合
※よって、本人の出生後にその父または母が日本国籍を取得しても、「日本人の子として出生した者」にはなりません。

結婚ビザ(配偶者ビザ)を取るためのポイント

結婚ビザ(在留資格「日本人の配偶者等」)を取得するためには次の点がポイントになります。
① 結婚の信ぴょう性 
 ・本当に有効な結婚なのか?偽造結婚ではないかどうか?
 ・本当に夫婦生活を営むための結婚なのか?

② 生計要件 
 ・結婚の安定性・継続性があるのか?
 ・結婚生活をするための経済力があるのかどうか?

これらを説明するための資料が必要になります。

必要書類

ここでは・・・
日本人男性Aとベトナム人女性Bが結婚し、認定証明書交付申請をするケースで説明します。

□ 写真 ※縦4cm × 横3cm 
□ Aの身元保証書 
□ Aの戸籍謄本 
  ※Bとの婚姻事実の記載があるもの・・・
   記載がない場合は⇒ 戸籍謄本と婚姻届出受理証明書
□ Aの住民票 ※世帯全員の記載のあるもの
□ Aの住民税の課税証明書または非課税証明書 
□ Aの納税証明書 
□ ベトナムの機関から発行された結婚証明書 
□ 質問書 
□ 2人が仲良く写っている写真など 

※上記の書類は最低限必要なものです。この他にも許可を取るために必要な書類がございます。

料金

当事務所での身分系在留資格の料金(永住者を除く)
※身分系在留資格資格とは「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」「永住者」の在留資格

① 認定証明書交付申請(海外から外国人を招へいする場合) 
 115,000円 + 税 + 実費 

② 在留資格変更許可申請 
 115,000円 + 税 + 実費 

 ※実費=法定費用、交通費、日当など 
  群馬・埼玉・栃木・東京・長野の一部は交通費・日当はかかりません。

③ 在留資格更新許可申請 
 30,000円 + 税 + 実費(法定費用、交通費、日当等)


最後までお読みいただきありがとうございました。

在留資格手続・帰化申請など外国人に関する手続お任せください。
Status of Residence, Naturalization, And other formalities concerning foreigners, We can help you ! 


つばくろ国際行政書士事務所 
TEL 027-395-4107 
相談料無料 Free consultation 
お気軽にお問合せください! 
Please feel free to enquire !
欢迎随时咨询! 


営業エリア 
群馬県を中心に全国どこでも! 

  

CONTACT




♣️  主な業務内容  ♣️
   
 ① 入管業務 
   ◎就労ビザの申請 
    技術・人文知識・国際業務、技能、企業内転勤、興行、特定技能 
   ◎経営管理ビザと会社設立手続 
   ◎家族滞在ビザの申請 
   ◎結婚ビザの申請 
   ◎永住ビザや定住ビザの申請 

 ② 帰化の申請 
 ③ その他 
    車庫証明、自動車登録、出張封印など
           



                  
                      お困りな事がございましたら、当事務所にご連絡ください!  
                                TEL  027−395−4107  

※当事務所は、就労ビザから結婚ビザの申請、帰化申請等を専門とする群馬県で数少ない国際行政書士事務所です。
群馬県を中心に全国を駆け巡ります。外国人の方が日本を第二の故郷になっていただくよう全力でサポートしていきます。

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月・火・水・金・土

10:00〜19:00

9:00~13:00

定休日
木曜日、祝日
祝日が月曜日のときの日曜日








PAGE TOP