就労ビザ・結婚ビザ・帰化申請専門の国際行政書士
“つばくろ国際行政書士事務所”

定住者

在留資格「定住者」とは?

現在、日本には約19万人の在留資格定住者の身分をもった方々が在留しています。
数ある在留資格の中でも6番目に多い在留資格です。※2019年6月時点のデータ

では・・・この在留資格「定住者」とはどのような在留資格なのでしょうか?

【在留資格「定住者」とは】
入管法別表第2では・・・
「法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者」と定めています。
つまり・・・
他のいずれの在留資格にも当てはまらないものの、我が国において相当期間の在留を認める特別な事情があると法務大臣が判断した者を受け入れるための在留資格が「定住者」です。

【定住者告示と告示外定住】
在留資格「定住者」は、定住者告示告示外定住に分類することができます。
定住者告示については在留資格認定証明書の交付が得られますが・・・
告示外定住については在留資格認定証明書の交付が得られず、他の在留資格からの在留資格変更により「定住者」の在留資格を得ることになります。

定住者告示

【定住者告示第1号】
タイ国内において一時的に庇護されているミャンマー難民であって、国際連合難民高等弁務官事務所が国際的な保護の必要な者と認め、我が国に対してその保護を推薦するもののうち、次のいずれかに該当するものに係るもの
(イ)日本社会への適応能力がある者であって、生活を営むに足りる職に就くことが見込まれるもの及びその配偶者又は子 
(ロ)この号に掲げる地位を有する者として上陸の許可を受けて上陸しその後引き続き本邦に在留する者の親族であって、親族間で相互扶助が可能であるもの

【定住者告示第3号】
日本人の子として出生した者の実子であって素行が善良である者
※元日本人の日本国籍離脱後の実子(日系2世)や日本人の孫(日系3世)など
例:Aは、日本人の両親から生まれましたが、幼い頃、両親と一緒にアメリカへ移住しました。Aは、大人になりアメリカ国籍を取得し、アメリカ人女性Bと結婚しました。そして、その間に子Cが生まれました。このCが定住者告示第3号に該当します。 

【定住者告示第4号】
日本人の子として出生した者でかつて日本国民として本邦に本籍を有したことがあるものの実子の実子であって素行が善良である者
※日系1世が日本国籍を離脱した後に生まれた実子の実子が該当します。
例:前3号の例を引用すると・・・Cの子が定住者告示第4号に該当します。

【定住者告示第5号】
次のいずれかに該当する者
(イ)日本人の配偶者等の在留資格をもって在留する者で日本人の子として出生したものの配偶者
 例:XとYの日本人夫婦はカナダに移住し、その後A(日本人の子として出生した者)を生みました。数十年後、Aはカナダ国籍を取得し、カナダ人Bと結婚しました。やがて、Aは来日するため在留資格「日本人の配偶者等」を取得しました。このときBがこの定住者告示5号(イ)に該当します。
(ロ)1年以上の在留期間を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者の配偶者
 ※定住者の配偶者は、在留資格「定住者」に該当します。

(ハ)定住者告示第3号又は第4号に掲げる地位を有する者として上陸の許可、在留資格の変更の許可又は在留資格の取得の許可を受けた者で1年以上の在留資格を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者の配偶者であって素行が善良であること

【定住者告示第6号
次のいずれかに該当する者 
(イ)日本人、永住者の在留資格をもって在留する者又は特別永住者の扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子
(ロ)1年以上の在留資格を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者の扶養を受けて生活する当該者の未成年で未婚の子 
(ハ)定住者告示第3号又は第4号に掲げる地位を有する者として上陸の許可、在留資格の変更の許可又は在留資格の取得の許可を受けた者で1年以上の在留期間を指定されている定住者の在留資格をもって在留するものの扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子であって素行が善良である者
(二)日本人、永住者の在留資格をもって在留する者、特別永住者又は1年以上の在留期間を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者の配偶者で日本人の配偶者等または永住者の配偶者等の在留資格をもって在留するものの扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子 
例:フィリピン人女性Bは日本人男性Cと結婚しました。Bには、フィリピン人男性との間にできた息子Aがいます。このAが定住者告示6号(二)に該当します。いわゆる連れ子ビザと呼ばれるものです。

【定住者告示第7号】
次のいずれかに該当する者の扶養を受けて生活するこれらの者の6歳未満の養子
(イ)日本人
(ロ)永住者の在留資格をもって在留する者
(ハ)1年以上の在留期間を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者
(二)特別永住者 
※日本人、永住者、定住者、特別永住者の養子は、6歳未満でなければ在留資格「定住者」には該当しないということです。 

【定住者告示第8号】
定住者告示第8号は、中国残留邦人等の配偶者やその子孫及びその配偶者について、入国・在留を認めるために規定したものです。この頁では省略させていただきます。

告示外定住

告示外定住とは・・・
定住者告示をもって定める地位を有する者としての活動には当たらないが、「定住者」の在留資格が認められるものをいいます。

【認定難民】
法務大臣により難民として認定されたもの

【離婚定住】
日本人、永住者又は特別永住者である配偶者と離婚後引き続き本邦に在留を希望する者 

【死別定住】
日本人、永住者又は特別永住者である配偶者が死亡した後引き続き本邦に在留を希望する者 

【日本人実子扶養定住】
日本人の実子を監護・養育する者

【婚姻破綻定住】
日本人、永住者又は特別永住者との婚姻が事実上破綻し、引き続き在留を希望する者

【就労定住】
「家族滞在」をもって在留する者で、本邦で小中高を卒業後に就職する者 

在留資格の手続でお悩みなら・・・つばくろ国際行政書士事務所

つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
お問合せは・・・
TEL 027-395-4107
または・・・【お問合せフォーム】で♪

全国対応可!

お気軽にお問合せください!Please feel free to enquire ! 欢迎随时咨询!

CONTACT

群馬・埼玉・栃木を中心に全国対応
在留資格の申請(ビザ申請)・永住許可申請・帰化申請を相談するなら・・・

つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6

お問合せは・・・

TEL027-395-4107
または・・・【お問合せフォーム】

群馬・埼玉・栃木を中心に全国どこでも!

ZOOM対応可!! 

お気軽にお問合せください!Please feel free to enquire ! 请随意咨询!

★★★営業時間★★★
月・火・水・木・土
9:00~18:00 
日曜日のみ
9:00~13:00 

ー定休日ー
金曜日・祝日・第1日曜日 

※当事務所は、就労ビザ・結婚ビザ・永住等のビザ申請、帰化申請を専門とする群馬県で数少ない国際行政書士事務所です。
群馬・埼玉・栃木を中心に全国を駆け巡ります。
土曜日・日曜日も営業しています。ゆったりとした気持ちでご相談ください。
ZOOMを使ってのビデオWEB相談対応!!

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月・火・水・木・土

9:00〜18:00

9:00~13:00

定休日
金曜日・祝日・第1日曜日



PAGE TOP