ビザ申請・帰化申請・相続遺言
“つばくろ国際行政書士事務所”

定住者ビザ Long Term Visa

在留資格「定住者」とは?

現在、日本には約19万人の在留資格定住者の身分をもった方々が在留しています。
数ある在留資格の中でも6番目に多い在留資格です。※2019年6月時点のデータ

では・・・この在留資格「定住者」とはどのような在留資格なのでしょうか?

【在留資格「定住者」とは】
入管法別表第2では・・・
「法務大臣が特別な理由を考慮し一定の在留期間を指定して居住を認める者」と定めています。
つまり・・・
他のいずれの在留資格にも当てはまらないものの、我が国において相当期間の在留を認める特別な事情があると法務大臣が判断した者を受け入れるための在留資格が「定住者」です。

【定住者告示と告示外定住】
在留資格「定住者」は、定住者告示告示外定住に分類することができます。
定住者告示については在留資格認定証明書の交付が得られますが・・・
告示外定住については在留資格認定証明書の交付が得られず、他の在留資格からの在留資格変更により「定住者」の在留資格を得ることになります。

それでは【定住者告示】と【告示外定住】をそれぞれみていきましょう。

定住者告示1号

タイ国内において一時的に庇護されているミャンマー難民であって、国際連合難民高等弁務官事務所が国際的な保護の必要な者と認め、我が国に対してその保護を推薦するもののうち、次のいずれかに該当するものに係るもの
(イ)日本社会への適応能力がある者であって、生活を営むに足りる職に就くことが見込まれるもの及びその配偶者又は子 
(ロ)この号に掲げる地位を有する者として上陸の許可を受けて上陸しその後引き続き本邦に在留する者の親族であって、親族間で相互扶助が可能であるもの

定住者告示3号

日本人の子として出生した者の実子であって素行が善良である者
※元日本人の日本国籍離脱後の実子(日系2世)や日本人の孫(日系3世)など
例:Aは、日本人の両親から生まれましたが、幼い頃、両親と一緒にアメリカへ移住しました。Aは、大人になりアメリカ国籍を取得し、アメリカ人女性Bと結婚しました。そして、その間に子Cが生まれました。このCが定住者告示第3号に該当します。 

定住者告示4号

日本人の子として出生した者でかつて日本国民として本邦に本籍を有したことがあるものの実子の実子であって素行が善良である者
※日系1世が日本国籍を離脱した後に生まれた実子の実子が該当します。
例:前3号の例を引用すると・・・Cの子が定住者告示第4号に該当します。

定住者告示5号

次のいずれかに該当する者
(イ)日本人の配偶者等の在留資格をもって在留する者で日本人の子として出生したものの配偶者
 例:XとYの日本人夫婦はカナダに移住し、その後A(日本人の子として出生した者)を生みました。数十年後、Aはカナダ国籍を取得し、カナダ人Bと結婚しました。やがて、Aは来日するため在留資格「日本人の配偶者等」を取得しました。このときBがこの定住者告示5号(イ)に該当します。
(ロ)1年以上の在留期間を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者の配偶者
 ※定住者の配偶者は、在留資格「定住者」に該当します。
(ハ)定住者告示第3号又は第4号に掲げる地位を有する者として上陸の許可、在留資格の変更の許可又は在留資格の取得の許可を受けた者で1年以上の在留資格を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者の配偶者であって素行が善良であること

定住者告示6号

次のいずれかに該当する者 
(イ)日本人、永住者の在留資格をもって在留する者又は特別永住者の扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子
(ロ)1年以上の在留資格を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者の扶養を受けて生活する当該者の未成年で未婚の子 
(ハ)定住者告示第3号又は第4号に掲げる地位を有する者として上陸の許可、在留資格の変更の許可又は在留資格の取得の許可を受けた者で1年以上の在留期間を指定されている定住者の在留資格をもって在留するものの扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子であって素行が善良である者
(二)日本人、永住者の在留資格をもって在留する者、特別永住者又は1年以上の在留期間を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者の配偶者で日本人の配偶者等または永住者の配偶者等の在留資格をもって在留するものの扶養を受けて生活するこれらの者の未成年で未婚の実子 

何だか複雑ですが・・・
定住者告示6号は、帰化した日本人の子、永住者の子、定住者の子、そして外国人配偶者の子を海外から日本に呼び寄せるためのものです。
例えば・・・
中国人女性Aさんは2年前に日本人男性Bと結婚しました。
Aさんには離婚歴があり、前夫(中国人)との間に6歳の娘がいて、その子は現在中国で暮らしています。
この娘を日本に呼び寄せるためのビザが連れ子ビザです。
正確にいうと・・・
定住者告示6号(二)としての在留資格「定住者」のことであり、「日本人の配偶者の子の呼び寄せ」のことをいいます。


【許可のポイント】
定住者告示6号に該当する定住者ビザを申請する場合は以下のポイントに注意してください。
(1)子どもは、扶養を受けて生活する未成年で未婚の実子であること
(2)扶養者の経済的な安定性
この2つが基本的な条件となります。

(1)扶養を受けて生活する未成年で未婚の実子
① 「扶養を受けて生活する」とは、まだ親の援助がないと自立できないことをいいます。
② 未成年で未婚の実子と定められていますが、例えば中国では、18歳に達した者は、成人に達しており、独立の生計を営む者に当たるため、原則としては、親の「扶養を受けて生活する者」とはいえないと判断されます。
③ 16歳以上での来日の場合、よほど強い意志がないと言葉の障害を取り除くことが難しく、犯罪に走る傾向があるという価値判断がされます。

つまり・・・ 子の年齢が上がれば上がるほど許可の可能性は低くなります。

④ また以下の点もポイントになります。
  ・今までの扶養実績が問われます。
  ・なぜ子を日本に呼び寄せるのか?子をどのように養育していくのか?子の将来などをしっかりと説明する必要があります。
※「扶養を受けなければならないことを証明する理由書」が求められます。

(2)扶養者の経済的な安定性
① 扶養者の経済的な安定性が求められます。
② 月収20万円程度以上が目安となっているといわれています。
これを証明するために・・・
「課税証明書/非課税証明書」「納税証明書」「在職証明書」などが求められます。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
定住者ビザ専門.com つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107 または お問い合わせフォーム

定住者告示7号

次のいずれかに該当する者の扶養を受けて生活するこれらの者の6歳未満の養子
(イ)日本人
(ロ)永住者の在留資格をもって在留する者
(ハ)1年以上の在留期間を指定されている定住者の在留資格をもって在留する者
(二)特別永住者 
※日本人、永住者、定住者、特別永住者の養子は、6歳未満でなければ在留資格「定住者」には該当しないということです。 

定住者告示8号

定住者告示第8号は、中国残留邦人等の配偶者やその子孫及びその配偶者について、入国・在留を認めるために規定したものです。この頁では省略させていただきます。

告示外定住

告示外定住とは・・・
定住者告示をもって定める地位を有する者としての活動には当たらないが、「定住者」の在留資格が認められるものをいいます。

【認定難民】
法務大臣により難民として認定されたもの

【離婚定住】
日本人、永住者又は特別永住者である配偶者と離婚後引き続き本邦に在留を希望する者 

【死別定住】
日本人、永住者又は特別永住者である配偶者が死亡した後引き続き本邦に在留を希望する者 

【日本人実子扶養定住】
日本人の実子を監護・養育する者

【婚姻破綻定住】
日本人、永住者又は特別永住者との婚姻が事実上破綻し、引き続き在留を希望する者

【就労定住】
「家族滞在」をもって在留する者で、本邦で小中高を卒業後に就職する者 

定住者ビザの実例集

【申請者 15歳 フィリピン人女性】
在留資格「定住者」~連れ子ビザ~
日本人男性Aさんから以下の問い合わせがありました。
「妻(フィリピン人)の娘と一緒に日本で暮らしたい」という内容でした。
この場合、定住者告示6号(二)に該当し、「定住者」の在留資格認定証明書交付申請の手続になります。いわゆる「連れ子ビザ」と呼ばれるものですが、このビザを申請するにあたって大きな壁となるのが「子の年齢」です。
「扶養を受けて生活する未成年で未婚の実子」と定住者告示6号では定められています。
つまり子の年齢が高くなるにつれて許可の可能性が難しくなります。また、言葉の壁があります。よほどの強い意志がなければ言葉の障害を取り除くことは難しいです。
どうやって日本の生活に馴染んでいくのか?娘さんにとって本当に幸せな道を選択してくださいといってそのときはそれで終わりました。
後日、相談者より連絡があり、「娘の今を考えると短期滞在(親族訪問)で日本に来日します。今は日本語を中心に学業に励み、将来は自力で日本に来ることが娘の幸せだと思い今回の定住者ビザの申請はしません」とのこと。
仕事にはならなかったにしても、このようなアドバイスをすることも国際行政書士の仕事の1つだと思います。
皆様もお気軽に当事務所までお問合せください。
相談料は無料です。

【申請者 34歳フィリピン人女性Aさん】
在留資格「定住者」~離婚定住ビザ~
Aさんは、日本人男性Bと離婚しましたが、生活基盤が既に日本にあり、日本で生活していくうえで不自由しない程度の給与をもらえる職にも就いており、日本語も良く理解していました。
フィリピンに帰国してもAさんの母国の家庭環境を考えると経済的に安定した生活を送っていくことは難しいと考えました。
何より持病があり今後も日本の病院へ通い続ける必要もありました。
そこで当事務所に相談がきました。
揃える書類が多かったですが、身元保証人となってくれた永住者Cさんの協力もあって「定住者(離婚定住)」への在留資格変更許可申請をしました。1ヵ月ほどで無事許可となりました。


お問合せフォーム


つばくろ国際行政書士事務所
〒370-0012 群馬県高崎市大沢町107-6
行政書士 五十嵐 崇治


お問合せは・・・

TEL027-395-4107
または・・・お問合せフォーム

群馬・埼玉・栃木を中心に全国どこでも!

ZOOM対応可!! 

お気軽にお問合せください!Please feel free to enquire ! 请随意咨询!

★★★営業時間★★★
月・水・木・金・土
9:00~20:00 
火曜日のみ 
9:00~13:00
ー定休日ー
日曜日・祝日・毎月31日

当事務所は・・・配偶者ビザや就労ビザ・永住許可申請、帰化申請を専門とする国際行政書士事務所です。
群馬・埼玉・栃木を中心に全国を駆け巡り、皆様にビザをお届けします!
また・・・
「相続・遺言」「持続化給付金サポート」「農地転用」「車庫証明・自動車登録」などの業務も得意としています。
土曜日も営業しています。ゆったりとした気持ちでご相談ください。

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

⭐️営業時間のお知らせ⭐️

月・水・木・金・土

9:00〜20:00

9:00~13:00

定休日
日曜日・祝日・毎月31日


ー連絡先ー
つばくろ国際行政書士事務所
TEL 027-395-4107



PAGE TOP